LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、最近気になっているバンドの魅力や人気曲を紹介していきます!

【保存版】邦ロックファンなら必須で抑えておくべきおすすめバンド12選!

人気バンド

ロックファンなら絶対知っておきたい日本を代表するおすすめの邦楽ロックバンドを厳選12バンド、おすすめ曲もあわせて紹介します。

50音順で紹介しています。

ASIAN KUNG-FU GENERATION

f:id:libre_sound:20180713123819j:plain
出典:www.cinra.net

最大のヒットナンバー「リライト」や初のアニメタイアップソングとなった「遥か彼方」、今でも根強い人気を誇る初の映画主題歌作ソラニンなど、数々の名曲を世に生み出してきた2000年代から今なおロックシーンに君臨する大御所バンド。

おすすめポイント

・深みのある声色とシャウト風味のエモいボーカル

・聞き手によって様々解釈を生む、文学的な言葉を多彩に散りばめた深い歌詞

・緩急自在な聞き手を飽きさせない緻密に計算されたメロディーメイク

・「4つ打ちビート」をいち早く取り入れ、これほどまでのブームをシーンに巻き起こした火付け役的な影響度の高さ

[Alexandros]

f:id:libre_sound:20180713123857j:plain
出典:www.joinalive.jp

結成当初から「世界一のバンドになる!」という野望を掲げ、2015年に初めてオリコントップ10入りを果たした「ワタリドリ」のリリース以降、女子中高生を中心に加速度的に人気が爆発し、カウントダウンの大役を担えるまでに成長した、名実ともにシーンを代表する4人組ロックバンド。

おすすめポイント

・ハイレベルな演奏技術から繰り出される迫力と疾走感を纏った変幻自在かつメロディアスなサウンド

・澄み渡るように美しいファルセットを織り交ぜた一級品のハイトーンボイス

・端正なルックスに加えて、流暢に英語を操り、時折見せる妖艶さや儚さで聞き手を魅了するオリジナリティに溢れたVo.川上の歌唱センス

UVERworld

f:id:libre_sound:20180713123942j:plain
出典:www.barks.jp

アニメのテーマソングからドラマや映画の主題歌まで、タイアップソングを数多く手掛けながら、"男祭り"と称した男性ファン23,000人だけを集めたアーティスト史上初となるワンマンライブを成し遂げるなど、女性ファンのみならず、男性ファンからも絶大な支持を集める6人組ロックバンド。

おすすめポイント

・疾走感溢れるクールな曲から変化球的な曲まで、サックスやEDMの要素も絡めた振り幅の広いミクスチャーロックサウンド

・よく通るクリアーな高音ボイスをライブ終盤まで出せる安定した歌唱力と、エフェクトやラップも織り交ぜる多彩なボーカルスタイルが特徴

・聞き手の背中を押し、心に刺さるメッセージを剛速球で投げ込んでいくかのようなアツい歌詞の数々

サカナクション

f:id:libre_sound:20180713124021j:plain
出典:www.joinalive.jp

音楽と映像、照明を一体化させたライブパフォーマンスをいち早く取り入れた先鋭的なクリエイティブ力が各メディアから絶賛され、リリース作が次々とチャート上位にランクインするなど、大型フェスのヘッドライナーを飾るに相応しい風格を備えた唯一無二の音楽性が魅力の大人気バンド。

おすすめポイント

・「エレクトロ×ロック」という分野を先鋭的に開拓した聞き手の心を鷲掴みにする多彩なシンセサウンド

・安定感のある4つ打ちとボリューミーなベースが彩るアーティスティックなオルタナサウンド

・言葉のリフレインや斬新な曲展開、80年代の郷愁感など、毎度毎度ファンの予想をはるかに上回ってくるアレンジの幅広さ

5.SEKAI NO OWARI

2015年の流行語大賞のノミネート語にも選出された「ドラゲナイ」で一大ブームを巻き起こし、総計14万人を動員した日本最大キャパの日産スタジアム2days公演を成功させるなど、ティーンを中心に爆発的な人気を誇る男女混合の4人組バンド。

おすすめポイント

・最近ではメジャーとなった打ち込みサウンドに、多彩な鍵盤の音色で色付けした幅広い世代のリスナーの耳をくすぐるポップなメロディー

・パレードのような祝祭感漂うファンタジックでドリーミーな世界観

・バンドの枠に収まらない圧倒的すぎるほど凝ったライブ演出

RPG


SEKAI NO OWARI - RPG
RPG

RPG

  • provided courtesy of iTunes

 

スターライトパレード


SEKAI NO OWARI - スターライトパレード
スターライトパレード

スターライトパレード

  • provided courtesy of iTunes

 

6.10-FEET

「テンフィー」の愛称で親しまれ、2017年で開催10周年を迎えた、今最もチケットが入手困難なモンスターフェス京都大作戦」を主宰し、カウントダウンの大役や大型ロックフェスの大トリを務めたりと、名実ともに日本ロックシーンを牽引する京都出身のスリーピースバンド。

おすすめポイント

・メロディックパンクを軸にしつつ、レゲエやヒップホップの要素も貪欲に取り入れたカテゴライズ不能のミクスチャーサウンド

・心にグッと突き刺さるアツく真っ直ぐな歌詞

・客を喜ばせることに全力を注いだサービス精神旺盛なライブパフォーマンス

RIVER


10-FEET - RIVER
River

River

  • provided courtesy of iTunes

 

1 sec.

1sec.

1sec.

  • provided courtesy of iTunes

 

back number

back numberのアー写
出典:natalie.mu

普段からロックに馴染みのない生粋のJ-POPリスナーの琴線にも触れるバラードナンバーを数多く手掛け、その多くの楽曲が恋愛ドラマや実写映画の主題歌、CMソングなどに抜擢されるなど、10〜20代の若い女性を中心に抜群の人気を誇るスリーピースバンド。

おすすめポイント

・教科書通りのベーシックなロックサウンドにのせて届けられる心にグッと響く叙情的なメロディー

・失恋や片想いといった「切ない恋」を飾らない言葉で綴った、幅広い世代から共感を得る歌詞センス

・優しく包み込んでくれるような温かな雰囲気を纏った説得力のあるボーカル

 

BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENのアー写
出典:natalie.mu

2000年代前半から今なお第一線で活躍し、ファンを魅了し続けるTHE王道オルタナバンド。25~30歳の男性であればだれもが一度は通り、昨今のライブシーンで活躍するバンドにも多大な影響を与えた2010年代ロックのパイオニア的な存在

おすすめポイント

・リアリティに富み、だれもがわかること言葉で繊細に紡がれた老若男女の心に響くストーリー性豊かな歌詞

・疾走感溢れるメロディアスなギターロックから郷愁的なミドルテンポのバラードソングまで手掛ける豊富なアレンジ力

・昨今の売れ線ブームに乗り、エレクトロ要素も惜しみなく取り入れた進化し続けるオルタナロック

 

マキシマム ザ ホルモン

オリコン週間ランキング3週連続1位を記録したアルバム『予襲復讐』を筆頭にセールス・知名度とも抜群の人気を誇り、「腹ペコ」と呼ばれるファンを数多く従えた日本ラッドロック界で唯一無二の存在感を放つカリスマロックバンド。

おすすめポイント

・ハードコア由来の激しいシャウトとアグレッシブで硬質なヘヴィサウンド

・キャッチー・コミカル・シリアスなど、変幻自在に姿を変える型破りなミクスチャーサウンド

・各メンバーのプレイアビリティの高さが伺える迫力あるライブサウンド

・フロアのファンをお構いなしに踊らせてしまうバンド界随一のライブノリのよさ

恋のメガラバ

ぶっ生き返す

 

MAN WITH A MISSION

全米デビューも果たすなど、日本での人気もさることながら、海外からも絶大な支持を集める頭はオオカミ、身体は人間というユニークかつ奇抜なビジュアルを持った究極の生命体5人からなる正体不明のロックバンド。

おすすめポイント

メロコアラウドロックを基調としつつEDMやラップなど、様々な音楽要素と巧みな英語詞を織り交ぜた、スケール感漂うドラマチックでエモーショナルなミクスチャーサウンド

・会場を揺らすほどオーディエンスが一斉に両手を上げて盛り上がる一体感溢れるライブ

Emotions


MAN WITH A MISSION - Emotions
Emotions

Emotions

  • provided courtesy of iTunes

 

FLY AGAIN


MAN WITH A MISSION - FLY AGAIN
FLY AGAIN

FLY AGAIN

  • provided courtesy of iTunes

 

RADWIMPS

RADWIMPSのアー写
出典:rockinon.com

2016年に空前の大ブームとなった映画『君の名は。の主題歌前前前世の大ヒットにより、デビューから応援し続ける10〜20代の熱烈なファンのみならず、お茶の間の注目も一手に浴びる存在となった今最も勢いに乗るロックバンド。

おすすめポイント

・突き抜けるような鋭い高音ボイスに加え、透き通るように繊細な歌声、早口でまくしたてるような高速ラップなど、変幻自在に変化するボーカルスタイル

・常に新しさを追求し、瑞々しい疾走ロックから叙情的なスローバラード、スリリングなハイテンポナンバーまで、実験的に様々なアレンジを加えたハイブリッドなロックサウンド

愛する人への思いをユニークな言葉選び・独特の言語感覚で綴った天才的な歌詞センス

 

ONE OK ROCK

ONE OK ROCKのアー写
出典:www.nataliezworld.com

リリース作は軒並みチャート上位にランクインし、スタジアム・アリーナクラスの会場も満員にさせるなど、日本で圧倒的な人気を誇りながら、欧米やアジアでのワールドツアーも大成功に収めるなど、海外からも絶大な支持を集める、今最も勢いのあるカリスマ的ロックバンド。

おすすめポイント

・エモ、パンク、メタルなどの洋楽成分を軸にしたJ- ROCKの枠に収まらない世界水準のハードサウンド

・クリーンなハイトーンを織り交ぜながら、エモーショナルに迫力ある声を響かせるVo.Takaの日本トップクラスのボーカル

・英語詞も自在に織り交ぜたグローバル志向の歌詞

・会場一杯に入った大観衆を圧倒する堂々たるライブパフォーマンス