他のバンドをお探しなら [≡] MENUへ

King Gnu(キングヌー)メンバーの死亡説はホント?名曲「白日」が関係?

この記事では、キングヌーのメンバー死亡説はなぜ流れてしまったの、真相について深掘りしています。

また、メンバー死亡説が浮上してしまった理由も合わせてご紹介。

記事の目次はこちら

King Gnu(キングヌー)メンバーの死亡説はウソ?

結論、King Gnuのメンバーは1人も死亡していません

過去にメンバー入りしていた石若さん、現メンバーの常田さん、井口さん、勢喜さん、新井さんが亡くなったという情報は公式からも発表されていませんので、5人ともご健在です。

2022年現在もドラマ主題歌やCMソングにタイアップされたミュージックビデオへの出演、大型ロックフェスやライブツアーも”4人で”精力的に活躍されていらっしゃるのが何よりの証拠でしょう。

また、元メンバーの石若さんも現役の打楽器奏者として活躍され、Vo.常田さんが主催するmillennium paradeにドラマーとして参加されてます。

ということで、キングヌーのメンバーは亡くなっていないのが事実。では、なぜ「メンバー死亡説が流れてしまったのか」次の章で深掘りしていきます。

King Gnu(キングヌー)メンバーの死亡説がなぜ流れているのか?

今やKing Gnu史上最もヒットしている名曲「白日」が、

亡くなってしまった友人に対する想いと
残された人たちの嘆きを歌った曲だったから

というのが理由のようです。

作詞作曲をしている当時に起きた出来事が作る曲にそのまま影響してしまうというボーカルの常田さんが、幼馴染おさななじみの死をの当たりにして書いた、「明日へと歩き出さなきゃ」と必死に前を向こうとする歌詞が印象的です。

参考リンク:rollingstonejapan.com

また、笑い合った「昔のようには戻れない」し、「後悔ばかりの人生」だけど、”今を一歩一歩踏みしめて生きていこう”と思わせてくれる言葉の数々にも刺さるものがありますね。

メンバー死亡説の加熱させた「King Gnu – 白日」のMV・聴きどころ

白日」は、2019年にリリースされた配信限定の2ndシングルで、メジャー2ndアルバム『CEREMONY』にも収録。

タイアップ:日テレ系ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌。(主演は坂口健太郎)

おすすめポイント
  • ピアノを伴奏とした透明感溢れる繊細なボーカルと荒廃した雰囲気の乾いたビートが絡むイントロ
  • 多彩な打ち込みサウンドを散りばめつつ、音を巧みに足し引きした聞き手を飽きさせないメロディー
  • 深みのある低音ボイスと色っぽいハイトーンボイスが重なるサビのハーモニー
  • 2番サビ終わりのキレ味鋭いギターから開放的なCメロに一転するドラマチックな曲展開
  • 意図せずに人を傷つけてしまった過去を噛みしめながら、一生ついて回る自責の念とともに今を生きるしかないと歌う、泣きを誘うエモーショナルな歌詞

ドラマ主題歌にもなった「白日」に対するリスナーの声

歌詞が、心に染みる

声と歌詞が好きすぎて定期的に聴きにきちゃう

こんなにオシャレなのに歌詞が全て日本語ってところに本当に驚かされる

白日を聞いたファンの声をまとめると

  • 歌詞が染みる/泣ける
  • 定期的に聴きに来たくなる
  • 歌詞を理解するとグサグサ刺さる
  • 実はすべて日本語で書かれた歌詞に驚く

Vo.井口さんの透き通った美声にフォーカスが当たりがちですが、よく歌詞を聞くと、友人の死への想いを綴った常田さんの言葉に感動してしまうリスナーさんも多そうですね。(自分もその1人)

King Gnu(キングヌー)メンバーの死亡説の真相は「白日」がキッカケ?

以上、この記事ではキングヌーメンバー死亡説に触れてきましたが、メンバーは1人も亡くなっていません

死亡説が流れてしまったのは、友人の死を想って作った曲「白日」が原因のようです

見逃したところがありましたら、こちらからジャンプできます。