キタニタツヤが天才とは言われる理由

Survive Said The Prophet(サバプロ)の人気曲5選≪ワンオク好きにはたまらん

リスナー

  • Survive Said The Prophetを最近知ったんだけど、実際どんなバンド?
  • メンバーは何人?
  • 入門としておすすめな人気曲教えて!

という人のために、この記事では現在リリース中の曲の中から厳選した人気曲5選とメンバープロフィール、バンドの名前の由来や意味について紹介します。(人気曲は試聴もできます)

以下で紹介するサバプロの曲や4人のメンバーを予習して、音楽の趣味が合う友達にシェアしたり、一緒にライブ参戦するきっかけにしていただけたら有難いです!

記事の内容はこちら

Survive Said The Prophet(サバプロ)の入門におすすめな人気曲5選

Survive Said The Prophet(サバプロ)の入門におすすめな人気曲5選

バンド・Survive Said The Prophetの入門におすすめな人気曲5曲を順に紹介していきます。

全曲ともYouTubeに音源があり、試聴も可能なので好きな順にお聞きください。

Survive Said The Prophet(サバプロ)のおすすめ人気曲①:Fool’s gold

Fool’s goldは、2016年リリースの2ndアルバムFIXEDに収録。

聴きどころ
  • 聞き手を掻き立てるような煽情せんじょう性がガツンと来るスピード感溢れるエモコア主体のアグレッシブなハードサウンド
  • 突き抜けるように伸びやかなクリーンボーカルと吐き捨てるような荒々しいスクリームのコンビネーション
  • 一気にテンポダウンし、妖艶さ・地を這う感が増す2番サビ終わりのアレンジ
  • ゴリゴリと弾き鳴らすアウトロのベースソロ

Survive Said The Prophet(サバプロ)のおすすめ人気曲②:When I

When Iは、2017年リリースの3rdアルバムWABI SABIに収録。

聴きどころ
  • 前述のFool’s goldとは真逆を行く、広く拓けていくようなスケール感と上品な雰囲気を纏った“空を感じられる”メロディー
  • 曲全体を淡く包み込む幻想的なシンセの音色と軽やかなツインギター
  • 抜けよくしなやかに耳に響くVo.Yoshさんの歌声とスケール感を際立たせる柔らかなコーラス
  • 曲が終わりかけた所から盛り返すようなようなラスサビ前のアレンジ

Survive Said The Prophet(サバプロ)のおすすめ人気曲③:found & lost

found & lostは、2018年リリースの4枚目シングル。
また、4枚目のアルバムs p a c e [ s ]に収録。

アニメ『BANANA FISH』第1クールオープニング・テーマ

聴きどころ
  • アグレッシブなツインギターから煽り立てるよう手拍子で始まるイントロ
  • 突き抜けるような透明度の高い裏声が美しいサビの歌声とそれと対象的なキレのある荒々しいスクリーム
  • ラウドの攻撃性・ワイルドさと繊細な叙情性が同居するスケール感のある柔剛自在なロックサウンド
  • タイアップ作『BANANA FISH』の主人公アッシュの自由を求める信念の強さや心情とリンクするような書き下ろしソング

Survive Said The Prophet(サバプロ)のおすすめ人気曲④:Right and Left

Right and Leftは、2018年リリースの4枚目のアルバムs p a c e [ s ]に収録。

WOWOWオリジナルドラマ『虫籠むしかご錠前じょうまえ』の主題歌

聴きどころ
  • 一気に空へ飛翔していくような開放感があるヘヴィさと爽やかさが同居するラウドサウンド
  • R&Bのダンサブルなエッセンスを感じるイントロの軽やかなギターアルペジオ
  • 海外バンドさながらの流暢な英語をしっとり歌うAメロと聞き手を巻き込んでいくような煽動せんどう的でシャープなサビの歌声
  • 2番サビ終わりCメロの感情的に言葉を吐き出していくような気持ちむき出しのボーカル
MEMO

煽動的せんどうてきとは・・・気持ちをあおって、行動を起こすように仕向けること。
聞き手の気持ちを昂ぶらせて、激しくノらせるようなボーカルを表してます。

Survive Said The Prophet(サバプロ)のおすすめ人気曲⑤:MUKANJYO

MUKANJYOは、2019年リリースの6枚目シングル。
また、5枚目のフルアルバムInside Your Headに収録。

アニメ『ヴィンランド・サガ』オープニング・テーマ

聴きどころ
  • わずか3分そこそこなのにズシッと聴き応えがある重々しく景色感のあるラウドサウンド
  • 電子音のようなループする幻想的なギターリフと一打一打しなやかな打音を繰り出すタフなドラムビート
  • 日本語・英詞を滑らかにスイッチしながら通りのいいソウルフルな歌声を響かせるフロントマンYoshさんのボーカル
  • 心の叫びを振り絞るように言葉に乗せていく1番サビ終わりの激しいシャウト
  • その激しいシャウトから一気に静寂を生むブレイクダウン

Survive Said The Prophet(サバプロ)の意味・名前の由来

Survive Said The Prophetの意味・名前の由来は?

リスペクトしている先輩バンドマンのKazukiとHiro(元FACTのメンバー)に音楽をやる上での心構えを聴いて回ったところ、「余計なことを考えずに続けろ、生き続けろ(=Suvive)」とアドバイスをもらったそうで、Survive Said the ○○」を元にバンド名を考えたのだそう。

そして、実際に自分が予言者(prophet)に逢ったとしたら、どうなるんだろうと考えた時に「生き続けろ」「続けろ」「戦え!」と言ってくれるだろうということで、【Survive Said The Prophet】という名前になったようです。

また、Survive Said The Prophetの略称は「サバプロ」。

MEMO

Survive Said The Prophet を直訳すると、「生き続けろと預言者は言った」という意味になります。

ほかにも「Survive Said The Prophet」のそれぞれの単語の頭文字「S」「S」「T」「P」を取り、SSTPと紹介されることもあります。

Survive Said The Prophet(サバプロ)の4人のメンバー

(L→R)(Tatsuya、Show、Yosh、Ivan)

Survive Said The Prophetのメンバーの年齢は?

2022年12月現在。

年齢
Yosh34歳
Tatsuya34歳
Ivan33歳
Show33歳

という88~89世代のメンバーで構成された「Survive Said The Prophet」の面々を1人1人紹介していきます。

※2021年4月、ベース&ボーカルYudaiさんが脱退され現在は4人で活動

Survive Said The ProphetのボーカルYosh(ヨシ)

小学校の頃からインターナショナルスクールに通い、フロリダ・フルセイル大学を卒業するほど、英語が堪能。

また、アメリカの「BLINK-182」や「MxPx」をキッカケに音楽をはじめ、「The Used」に色濃く影響を受けたとインタビューで語っています。

また、このサバプロはYoshさんにとって「これでラストかもしれない」と思ったタイミングで組んだバンド。

同じバイト仲間だったIvanさんからスカウトしていったとのこと。

Survive Said The ProphetのギターIvan(アイバン)

生まれも育ちも香港。

ボーカルYoshさんと同じく英語が堪能で、海外でのメディア対応も行う。

バンドをガッツリ聞き始めたのは「KORN」、「P.O.D.」、「SLIPKNOT」などメタル系。

Survive Said The ProphetのギターTatsuya(タツヤ)

サバプロ結成メンバーのTakuyaさんに代わり、サポートを経て2016年4月に加入。

ルーツミュージックはニューメタル、ハードロック、ヘビメタなどで、クラシックピアノを習っていた。

Survive Said The ProphetのドラムスShow(ショウ)

元々はシフト制にして回していたサポートドラマーのうちの一人で、サバプロには最後に加入。

音楽的ルーツはボーカルYoshさんと同じ「BLINK-182」。

他にも、「MUSE」、「NINE INCH NAILS」、邦楽だと「the band apart」、「DOPING PANDA」、アニソン好きな一面もあるなど、メンバーでは一番広い。

Survive Said The Prophet(サバプロ)ってどんなバンド?

Survive Said The Prophet(サバイブ・セッド・ザ・プロフェット)通称「サバプロ」は、2011年に東京で結成された4人組バンドです。

※2021年4月、ベース&ボーカルYudaiさんが脱退され現在は4人で活動

日本のみならず海外でもその名をとどろかせている次世代ラウドバンド界のニューヒーローとして多大なる注目を集めています。

そんな彼らサバプロの曲が「どういうイメージか」曲の特徴など、5つ紹介したいと思います。

スケール感を備えたエモーショナルなラウドサウンド

  • メタルコア
  • エモ
  • ポップパンク

などの洋楽由来のヘヴィサウンドを軸にしつつも、

  • ヒップホップ
  • ファンク
  • R&B

の要素まで柔軟に取り入れたハイブリットな音楽性と、叙情じょじょう性・スケール感を兼ね備えたエモーショナルなラウドサウンドが特徴です。

静と動を自在に操る洗練されたメロディーセンス

  • 得意とするピアノ主体のエモーショナルなバラードナンバー
  • 疾走感溢れるアグレッシブな曲
  • ラウドでありながらソフトな耳障りの爽やかな曲

まで手掛けてしまう引き出しの多彩さと、静と動を自在に操る洗練されたメロディーセンスも魅力です。

フロントマンYoshさんのキレのあるソウルフルな歌声

透き通るような美しい裏声を織り交ぜつつ、キレのあるソウルフルな歌声を響かせるフロントマンYoshさんの日本人離れした歌唱力も欠かせないウリの一つ。

インターナショナルスクール育ちという堪能な英語力に加え、この手の激しいサウンドが苦手なリスナーでもスッと聞ける耳心地いい声質もウリ。

柔軟性の高いテクニカルなバンドアンサンブル

ベースYudaiさんによる硬派で重々しいスクリームに加えて、ゲストボーカルも大胆に起用するコーラスの幅も魅力。

また、海外の気鋭なプロデューサーとタッグを組み、時にはピアノやシンセ、アコギ、ストリングスまでをも取り入れつつ、曲調に合わせて多彩なメロディーを奏でる柔軟性の高いテクニカルなバンドアンサンブルも人気が高いです。

ワールドワイドな活躍とアグレッシブでエモいパフォーマンス

台湾や香港、シンガポールでのアジアツアーやアメリカでのレコーディング活動、数々の海外アーティストとの共演など、結成当初より推し進めるハングリー精神むき出しのワールドワイドな活動も特徴のひとつ。

また、耳の肥えた海外リスナーにも刺さる本格派ラウドサウンドとアグレッシブでエモいパフォーマンスも魅力です。

Survive Said The Prophet(サバプロ)の人気曲・メンバーまとめ

以上、バンドSurvive Said The Prophetの「4人のメンバー」や「入門におすすめな人気曲」、「バンド意味や名前の由来」までをザーッと紹介してきました。

この記事がサバプロを知るキッカケとなっていれば幸いです。

見逃したところがありましたら、こちらからジャンプできます。