他のバンドをお探しなら [≡] MENUへ

【羊文学のドラム】フクダヒロアの性別は男だが素顔は美形?

この記事では、「一見すると女性?」と思ってしまうほど、ロングヘアーで中世的な見た目の羊文学・ドラムフクダヒロアさんの基本プロフィール(性別や身長)や音楽のルーツなどを紹介しています。

記事の内容はこちら

羊文学のドラム・フクダヒロアの素顔・性別など基本プロフィール

生年月日1997年9月14日
出身地東京近郊?
身長推定175cm

それでは基本プロフィールから詳しく見ていきましょう。

フクダヒロアの性別・身長・年齢などの基本情報

羊文学のドラム・フクダヒロアさんは、1997年9月14日生まれの25歳。パッと見だと性別がわかりにくいですが、性別は男性です。


「次のメンバーも女の子がいい」と思いながら、ボーカルの塩塚さんがドラマーを探している時に目に留まったのがフクダさん。
当時のフクダさんの髪型はショートボブで

最初にフクダに会ったんですが、他のガールズバンドでサポートとしてドラムをやっていたので女の子かと思って声をかけたんですが、男の子でした!女の子に見えるし、上手だからいいかなと思って(笑)

と、塩塚さんも最初女の子と思っていたらしく、フクダさん自身も「中世的」との認識はあるとのこと。

ただ、そんな中世的な見た目とは打って変わり、フクダヒロアさんの身長は「約175cm」はあるであろうギャップ。(フクダさんの左隣にいるパーソナリティーの菅野結以さんは身長163cm)

また、中学生の頃から下北沢のライブハウスに通い、高1の時には東京出身のガールズバンド・リーガルリリーのサポートメンバーをしていたとの情報から、出身は東京近郊ではないかと推測されます。

羊文学のドラムフクダヒロアの顔バレ画像

最も素顔が確認できたのは、以下の画像でしょうか。
※写真右の方がフクダさんです。

普段はアーティスト写真であっても素顔を出していなく、前髪で目を完全に隠しているのがデフォルト。

また、羊文学で「THE FIRST TAKE」に出演した際も通常運転で、目は隠れたままで素顔を見ることはできませんでした。
(生歌もかなり良いので、是非聴いてみてください)

羊文学のドラムフクダヒロアの音楽のルーツ

羊文学・フクダヒロアさんが最初に音楽にふれたのは、お父さまが家でやられていたドラムセットを叩いてみたこと。そして中3の頃からは下北沢のライブハウスに通うほど、音楽にのめり込んでいったそう。

特に

  • HASAMI group
  • Low Pop Ltd.
  • PENs+
  • told
  • TOKYOGUM
  • Age Factory
[list class="li-chevron li-mainbdr main-c-before"]

といった日本のインディーズバンドをよく聴いていたとのことです。
そして、USインディーも好きで、高校生の頃に知った「American football」にも影響を受ける。

また、

[list class="li-chevron li-mainbdr main-c-before"]
  • 元「僕のレテパシーズ」の鈴木亜沙美さん
  • 元「the cabs」の中村一太さん
  • 「ゆらゆら帝国」の柴田一郎さん
  • 「ドレスコーズ」の菅大智さん

といったドラマーさんが好きで、シンプルなドラムセットで手数少なく「魅せるドラム」を心がけているそうです。

羊文学のドラムフクダヒロアは上手い下手どっち?

フクダさんのドラムは各SNSを見ても、下手という声はほとんどなく、「上手い」と評価する声が多いです。

また、中世的で細身なフクダさんですが、

といった感じで、ライブでの力強いドラミングに魅力を感じる人は多い印象でした。

あえてドラムセットの数を少なく他のドラマーさんよりドラムセットの位置が低めなので、「スティックの打ち下ろしのストロークが長くなる = 力強く聴こえる」のかも知れませんね!

羊文学フクダヒロアに関するQ&A

羊文学のドラム・フクダヒロアくんについて、よくある質問をまとめました。

フクダヒロアの年齢はズバリ何歳?

1997年9月14日生まれの25歳
ボーカルの塩塚モエカさんの一つ下、ベースの河西さんと同い年です。

気になるフクダヒロアの身長は?

公表ではありませんが、身長は「175cm以上」はありそうです。
過去にラジオ出演した際、身長163cmのラジオパーソナリーティーの方と並んだ時に、10cm以上の身長差がある印象でした。

羊文学のドラム・フクダヒロアの素顔/性別/身長などまとめ

以上、羊文学を音楽のベースを担う・フクダヒロアくんの素顔や基本プロフィール、音楽的ルーツなどについてまとめました。

この記事をキッカケに、より羊文学愛・フクダヒロア愛を深めてもらえたらうれしいです。