他のバンドをお探しなら [≡] MENUへ

キングヌー常田大希の天才すぎる経歴とは?米津玄師も認めた才能

この記事では、20年以上の間、音楽に触れてきたKing Gnuのリーダー・常田大希つねただいきの音楽ヒストリーを通して、かの米津玄師も認めた天才たる所以ゆえんに迫っていきます。

曲を聴くだけで満足の、ライトなファンでは知り得ないコアでレアな知識をお届けできたらうれしいです。

記事の内容はこちら

King Gnu(キングヌー)常田大希という天才を生み出した輝かしい経歴

20年以上もの長きに渡り、ストイックに音楽に触れてきたキングヌーのリーダー・常田大希氏の歴史を時系列順で紐解いていきたいと思います。
(気になったところからジャンプして読めます)

幼少期

  • ジャズピアニストとしての経験もあるロボットエンジニアの父親
  • クラシックピアノの先生である母親

というピアニスト家系の元に生まれ、生活の一部に音楽が自然と溢れているような家だったようです。

また、近所にいたチェロ弾きのおじさんの影響で5〜6歳頃からチェロを始めたらしく、いわゆる英才教育的に音楽素養を育んだワケですね。

中学時代(伊那市東部中学校)

野球に打ち込む傍ら、合唱部を兼部。

1つ下の後輩で幼なじみだった井口さんと共にNHK全国合唱コンクールの全国大会に出場しました。

この時は伴走者としてマリンバを担当。

また、この頃から複数の音声を重ねて録音できるMTR(マルチトラックレコーダー)を使って曲作りを始めていたとのことで、音楽制作の原体験は中学時代だったようですね。

高校時代(伊那北高校)

高校は偏差値65を誇る長野県屈指の県立進学校に入学

入学した高1からは、8時間も打ち込むほどにチェロの練習を本格化。

そして、その猛練習が実り、高3の時には「日本クラシックコンクール」の全国大会にてチェロ部門・高校の部で3位入賞を果たしています。

また、並行してバンドも組んでいて、17歳の時にはリットーミュージック主催の「最強プレーヤーズコンテスト2009」のベース部門で準グランプリを獲得。

チェロだけに留まらず、ベーシストとしても輝かしい実績をお持ちですね。

大学入学以降(東京藝術大学)

2012年に「芸大出身者がいるバンド!」という「箔をつけるため」に名門・東京藝術大学へ現役合格し、神奈川県に住む祖母の元に移住。

器楽科でチェロを専攻し、在籍中には小澤征爾おざわせいじさん主催の楽団「小沢国際室内楽アカデミー」でチェロ奏者として舞台に立ったものの、「社会と結びついた音楽をしたい」という理由から1年たたずに中退。

中退して間もなくは、1〜2ヶ月間インドをバックパックで回り、この頃に改めて触れたサイケデリックなサウンド感にすごく影響されてるとインタビューで語っています。

2014年には同じ藝大で打楽器専攻だった石若駿氏と共にキングヌーの前身となるSrv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)の活動をスタート

2017年には、飲み仲間だった米津玄師のアルバム「BOOTLEG」に収録された「爱丽丝(アリス)」の演奏・編曲・プロモーションにも携わっています。

King Gnu(キングヌー)常田大希の天才たる音楽のルーツ

物心ついた頃から音楽が周りに溢れていたKing Gnu(キングヌー)常田氏が影響を受けたアーティストやルーツは大きく6ジャンル。

以下に書いてあるジャンルを超えた幅広い音楽が楽曲作りの下地にあるようです。

  1. ジャズ・・
    「Srv.Vinci」の初代ドラマー・石若駿さんの影響から
  2. クラシック・・
    ストラヴィンキー
    プロコフィエフ」などのクラシック音楽
  3. ヒップホップ・・
    ケンドリック・ラマー
  4. 日本の骨太ロック・・
    ブランキー・ジェット・シティ
    ザ・ミッシェルガン・エレファント
  5. 60年代の名ギタリスト・・
    ジミ・ヘンドリックス
    ジミー・ペイジ
  6. ブリティッシュ・ロック・・
    オアシス
    レディオヘッド
    アークティック・モンキーズ

King Gnu(キングヌー)常田大希の弾ける楽器は大きく6種類

5歳から英才教育的に音楽が身近にあった鬼才・常田氏。その多彩すぎる才能は弾ける楽器数にも現れています。

  1. ピアノ
    (クラシック音楽の先生だったお母様の影響から)
  2. マリンバ
    (中学時代に全国合唱コンクールにてバリンバで伴奏)
  3. チェロ
    (高校時代に全国コンクールで3位の実績)
  4. ベース
    (高2の時、音楽出版社主催の楽器別コンテストのベース部門で準グランプリ)
  5. ドラム
    (大学1・2年頃に俳優・中野裕太さんと組んでいたGas Lawというバンドでギターとリズム・セクションを担当)
  6. ギター
    (King Gnuにおいての担当パート)

⑤ドラムの演奏風景

ドラマーとしてセッションに参加する様子が以下で視聴できます。

繊細でありながら小気味よいタッチがセクシーささえ感じさせます。

King Gnu(キングヌー)常田大希が手掛ける2つのプロジェクト

King Gnuの他にも、以下にあるような「音楽という枠に留まらないスケールの大きい2大プロジェクト」も手掛けています。

millenium parade

読み方:ミレニアムパレード (通称:ミレパ)

2019年5月からKing Gnuとは別名義で始めた「Daiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)」を前身とするソロプロジェクトで、「世界から見た東京の音」をテーマに新しい音楽性を追求。

ツインドラムを採用しながら、演奏・映像・演出チームそれぞれを全員ひっくるめた、サーカス団的な大編成バンドで世界へ打って出ようと、日本が誇るクオリティーを磨き上げています。

PERIMETRON

読み方:ペリメトロン

ミュージシャンやスタイリスト、映像作家やCGグラフィッカーなどのメンバーが在籍。

King Gnuのジャケットアートワークやミュージックビデオをはじめ、ライブの空間演出も手がけています

また、ファンションブランドのブランドムービーのほか、アイナ・ジ・エンド加藤ミリヤのミュージックビデオを手掛けるなど、クリエイティヴな才能を遺憾なく発揮し、音楽制作以外の分野でも活躍中です。

King Gnu(キングヌー)常田大希の天才的すぎるプロフまとめ

以上、鬼才集団King Gnu(キングヌー)をまとめるリーダー・常田大希の華麗なる経歴と音楽的ルーツ、弾ける楽器数や手掛ける2大プロジェクトなどについてまとめました。

この記事をキッカケに、よりKing Gnu愛・常田大希愛を深めてもらえたらうれしいです。