LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、最近気になっているバンドの魅力や人気曲を紹介していきます!

【SiM(ロックバンド)】ファンなら必聴すべきおすすめ人気曲3選!

スポンサーリンク

ロックバンド・SiMのアーティスト写真
出典:sp.ro69.jp

【SiM(シム)】は、2004年に結成された神奈川県湘南出身の4人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

KiLLiNG ME


SiM - KiLLiNG ME

『KiLLiNG ME』は、2011年にリリースされた2枚目のフルアルバム『SEEDS OF HOPEのリード曲で、SiMの名前を一躍スターダムに押し上げた不朽のキラーチューン。

聞きどころ

インパクト大のシャウトが冴え渡るハイボリュームで重量感MAXの激しいサウンド

・オートチューンを駆使したボーカルが映える不思議と耳馴染みのよいキャッチーなサビ

・ラスサビ前の転調

・表向きはラブソングかと思わせておきながら、実は、"麻薬"のことを暗に歌っている、実に巧妙に練られた歌詞

ライブ参戦者必聴の定番ナンバー。

 

 

Blah Blah Blah


SiM - Blah Blah Blah

『Blah Blah Blah』は、2013年にリリースされ、オリコン初登場9位を記録したSiMの記念すべきメジャーデビューシングル『EViLS』に収録されている1曲。
「Blah Blah Blah (ブラー ブラー ブラー)」は、"中身がない退屈な話"のことを意味する。

聞きどころ

・レゲエのアクセントを活かしたヘヴィで疾走感のあるパンクサウンド

・オートチューンやドスの利いたデスボイスなど、バリエーション豊かな歌いまわし

・体を揺らしたくなるような陽気なメロディーやラスサビ前のしっとり感

・目まぐるしく曲展開

会場全体に「oh na na na (オーナナナー)!」の大合唱を巻き起こし、一気に会場のボルテージを上げてくれる起爆剤的な1曲。

 

Same Sky


SiM - Same Sky

『Same Sky』は、『Blah Blah Blah』と同じく、メジャーデビューシングル『EViLS』に収録されている1曲。

聞きどころ

・レゲエのグルーブが際立つ、メロウでアダルティーなミドルテンポのバラードロック

・SiM史上初めて日本語詞が取り入れられた

・メタリックなサウンドだけじゃない引き出しの多彩さ

・観客全員でシンガロングできるような口ずさみやすいサビ

・聴けば聴くほどにメロウな雰囲気にいざなわれるような艶っぽさ

 

 

【SiM】の特徴

ハイボリュームかつゴリゴリの重低音が響くスラッシュメタルを基調としながら、レゲエやスカ、ダブステップなど、様々なジャンルの音楽要素を盛り込んだ疾走感溢れる攻撃的なラウドロックが特徴。


そして、剛と柔を自在に行き来するメリハリある曲展開、重低音サウンドの中にキャッチーさを巧妙に織り交ぜた"聴いていて飽きない"レパートリー豊富な曲の数々もである。

 

さらには、ありのまま・リアルに感じたことをストレートに綴った英語詞、突き抜けるようなシャウトとドスの効いたデスボイスを歌い分けるボーカル・MAHの歌唱力、そして楽器隊が奏でる質の高いヘヴィなグルーヴにも定評がある。


また、体全身で生きた音楽を体感できるアグレッシブなライブパフォーマンスもウリで、音源をも超えた圧倒的熱量の"ライブ"を、1年を通して歌を届け続ける姿勢は、同業であるプロのバンドマンからもリスペクトされるほど、各方面から人気が高い。

 

メンバー

SiMのアーティスト写真

出典:utaten.com

MAH(マー)

写真右端。
本名:谷口学(たにぐちまなぶ)
ボーカル担当。
腕中に彫られた刺青、黒々としたアイメイクに加え、ツーブロックの黒髪、ポロシャツにタイ、スキニーパンツというファッションが特徴。
結成時の唯一のオリジナルメンバー。
プライベートでは2017年3月に元天てれ戦士のダーブロウ有紗と結婚した。

また、日本に「ツーステップ」を流行らせたトレンドメーカーでもあり、リズムよく華麗に踊るMAHのツーステをお手本にしている方も多い。

 

SHOW-HATE(ショウヘイト)

写真右から2番目。
本名:飯田昌平(いいだしょうへい)
ギター&キーボード担当。
2010年のツアー中に脳梗塞で倒れるが、驚異的な回復力で3ヶ月で復帰した。

 

SIN(シン)

左から2番目。
本名:篠原慎也(しのはらしんや)
ベース担当。
MAHの中学の先輩で対バン相手のサポートベースをしていたところをMAHが誘い、2009年に加入。

 

GODRi(ゴリ)

写真左端。
本名:谷口雄哉(たにぐちゆうや)
ドラムス担当。
かつてドラムコンテストで優勝した経歴を持つ。2009年に加入。

 

バンド名の由来

『SiM』というバンド名は、彼らが結成初期に名乗っていた「Silence iz Mine」から、頭文字のS i Mを取り、短くしたもの。
この「Silence iz Mine(=Silence is mine)」というのは、「静寂は我の物なり」と訳され、"音楽の「間」を自由自在に操るバンド"という意味が込められている。

 

『SiM』のこれまで

2004年に、ボーカル・MAHを中心に『SiM』の前身となる3ピースバンド(ギターボーカル、ベース、ドラムス)を結成。


2006年、SONYミュージックの関係者に目をかけてもらい、その場の流れでSONYのインディーズレーベルと契約。


2008年7月、「10-FEET」主催の野外フェス京都大作戦に初出演を飾るも、ベースとドラムが脱退。しかし、ここで立ち止まりたくないという一心で、ギターのSHOW-HATEと2人体制のまま、他バンドのツアーサポートとして60本ものツアーをブッキングし、メンバー探しを開始。


そして、2009年に同郷で対バン相手のサポートベースだった「SIN」、ドラムコンテストで優勝経験のある「GODRi」を正式メンバーとして迎え入れ、この4人で臨んだツアーファイナルでは主催イベント『DEAD POP FESTiVAL』を初開催し、バンドとして確かな手応えを掴む。


2010年、タワレコ限定ワンコインシングル『ANTHEM』のリリースツアー中にギターのSHOW-HATEが脳梗塞で倒れてしまい、ツアーキャンセルを余儀なくされる。


その後、SHOW-HATEは、病気から驚異的な回復力を見せて3ヶ月で復帰するも、病み上がりであることを考慮し、しばし楽曲制作に専念。この時、SHOW-HATEのこともあり、「生きるということ」をテーマとした3部作アルバムの制作に取り掛かる。


しかし、熱を入れて作っていた3部作アルバムの2作目『A SONG OF HOPE』のリリース直前に、突如事務所からクビを宣告され、アルバムのために用意していた全ての曲の権利も使用禁止になってしまう。


突然のクビを言い渡され、途方に暮れていた時に、現在の事務所である「gil soundworks(ギル サウンドワークス)」に移ってから、音楽キャリアが一気に好転し、事務所移籍後に発表した『KiLLiNG ME』のMVが、インディーズバンドとしては異例の100万回再生(2017年1月現在1400万回)を記録


そして、突然の解雇から2年後の2013年、メジャーレーベル10社以上が獲得に乗り出すなど、引く手数多の中、「UNIVERSAL MUSIC」と契約を交わし、1stシングル『EViLS』で念願のメジャーデビューを飾った。

 

そして、そのメジャーデビューの勢いそのままに、RISING SUN ROCK FESTIVAL」「RUSH BALL」「SWEET LOVE SHOWERなどの大型フェスを席巻しつつ、「coldrain」MAN WITH A MISSION」「マキシマム ザ ホルモンといった名だたるバンドと共演を果たす。


2014年には、オリコン5位を記録した3rdフルアルバム『PANDORA』のリリースワンマンツアーが全公演ソールドアウトを達成し、2010年から続ける主催イベント『DEAD POP FESTiVAL』も即完してしまうほど、人気が爆発。


2015年7月には、『DEAD POP FESTiVAL』の会場を初めて野外に移し、2日間でのべ15,000人以上を動員し、また6thシングル『CROWS』のリリースツアーファイナルでは、日本武道館を満員にさせ、「最初で最後」と語る日本武道館公演を大成功に収めた


そして、2016年も活動の勢いを緩めることなく、全国26箇所を巡る全国ツアーを敢行し、全公演即日完売を達成。そのツアーファイナルのSiM史上最大キャパとなった横浜アリーナ公演では、11,000人以上を動員するなど、今や最もチケット入手困難なライブバンドとして不動の人気を誇っている。