ほかの紹介バンドは「≡」メニューよりどうぞ!

【SHE’S(シーズ)】初心者に優しい必聴おすすめ人気曲3選!

出典:skream.jp

【SHE’S(シーズ)】は、2011年に大阪で結成されたメンバー全員1992年世代という気鋭の若手4人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

Un-science


2016年2月にリリースされた3部作アルバムの3枚目『She’ll be fine』のリード曲

聞きどころ
  • ヴァイオリンの音色によってもたらされる春めかしく明朗な雰囲気のピアノロックサウンド
  • 瑞々しい開放感のあるサビへと一気に拓けていく曲展開
  • 「ヴァイオリン×ピアノ×フルート」というフルーティーなアンサンブルからファンキーなギターソロへと流れていくラスサビ前のアレンジ

また、この曲はSF映画のワンフレーズ「愛は時間も距離も飛び越えていく」という言葉をフィーチャーし、科学では解明できない愛の奇跡を歌っている。

Curtain Call

2016年2月にリリースされた3部作アルバムの3枚目『She’ll be fine』に収録された1曲。

聞きどころ
  • 理由もなくほろっと涙を誘うような優しく心にじんわり染みていくメロディー
  • UKロックを思わせる柔らかで聞き心地の良いテンポ感と間奏の哀愁あるギターソロ
  • 心にグッと響く伸びやかなクリアーボイス
  • 支えてくれるファンに向けて最大限の感謝を綴った歌詞

この曲は、会場全体にシンガロングを巻き起こし、ライブのラストを飾るにふさわしい不朽の1曲。

Morning Glow

2016年6月にリリースされた彼らの記念すべきメジャー1stシングル

聞きどころ
  • 流麗なピアノとヴァイオリンの音色が折り重なったタイトルの"Morning Glow(朝焼け)"に相応しい壮快で瑞々しいサウンド
  • 朝焼けを経て爽快な青空に拓けていくようなスケール感のあるサビ
  • 一気にトーンを落としたラスサビ前のピアノソロ
  • メジャーに打って出た彼らの決意表明を表したかのような歌詞

【SHE’S】の特徴

エモーショナルなピアノオルタナロック

ギター・ベース・ドラムの音がシャープにまとまった王道のバンド形態をベースとしながら、そこに繊細かつ流麗なピアノのメロディーを据えた心にグッと響くエモーショナルなピアノオルタナロックが特徴。

ピアノで多彩に色付けされた豊富なレパートリー

オーケストラを聴いているかのような壮大なスケール感を思わせる曲、爽やかで春めかしい雰囲気の曲から落ち着いた雰囲気漂う繊細なバラード曲まで、ピアノの音色ひとつで曲の印象をガラッと変え、多彩に色付けした豊富なレパートリーも魅力。

ドラマティックで独創的なサウンドメイク

曲のアクセントとして加えられたヴァイオリンの音色やエモ/ハードロック調のアグレッシブなギターソロ、ポップパンクやピアノエモといったUSロックを彷彿とさせるアレンジなど、1曲ごとにフックになるようなドラマティックな演出を施した独創的なサウンドメイクもウリ。

温かみがあるVo井上のクリアボイス

ピアノを織り交ぜたエモーショナルなサウンドを一層引き立たせているのが、温かみがあり心に浸透するようなクリアボイスで歌い上げるフロントマン井上のボーカルで、その歌声と共に、サウンドスケープが目に浮かぶようなSHE’Sにしか醸し出せない美麗な空気感が10~20代女子を中心に高い人気を得ている。

メンバー

SHE'Sのアーティスト写真
出典:natalie.mu
(L→R)木村雅人、広瀬臣吾、井上竜馬、服部栞汰

井上竜馬(いのうえ りょうま)

ボーカル&キーボード担当。
全ての楽曲のソングライティングを手がける『SHE’S』の中心的存在。
小学1年から中学3年まで経験していたというピアノの腕は一流。
中学1年の頃に聞いた『ELLEGARDEN』に衝撃を受け、音楽の道を志す。

広瀬臣吾(ひろせ しんご)

ベース担当。
井上・服部とは中学のころからの知り合いで、高校生のときはMONGOL800のコピーバンドをしていた。

服部栞汰(はっとり かんた)

ギター担当。
中1でギターをはじめ、父親に勧められたアメリカのハードロックバンド「KISS」に影響を受ける。

木村雅人(きむら まさと)

ドラムス担当。
「キム」の愛称で親しまれる。
また、小5のころからスティックを握り、アメリカのパンクロックバンド「The Offspring」に影響を受ける。

バンド名の由来

ボーカル井上の中学時代のクラスメイトで、1人でいることが不思議と様になっているミステリアスで独特なオーラを持った女子(she)がモチーフ
ミステリアスな雰囲気を持つ彼女は何を考えているかわからない…「She is……」から、語感のよい『SHE’S』をバンド名にした。

【SHE’S】のこれまで

高校卒業に際し、別々のバンドで活動していたが対バンなどで見知った間柄だったメンバーに、井上が「アメリカのMae(メイ)っぽいピアノロックバンドやりたいねん」とラフに誘ったところ、二つ返事でOKされバンドを結成。

その後は、地元の大阪を中心にライブを重ね、『SHE’S』の基盤を作り上げていった彼らは、結成翌年に10代のアーティストのみが出場でき、若手バンドの登竜門的なロックフェス『閃光ライオット2012』でファイナリストの9組に選出されるなど、将来性が高く評価される。

そして、2014年7月、2015年4月に自主制作でミニアルバム『WHO IS SHE?』、『WHERE IS SHE?』をリリースし、そのリリースに伴う東阪2箇所を回った両リリースツアーはメジャーデビュー前にもかかわらずソールドアウトを果たした。

また、このリリース主催イベントと並行して、親交のあるバンドのツアーアクトとして数々のステージ経験を積みながら、「SAKAE SP-RING」などの人気サーキットイベントに出演を重ねるなど、ライブ活動を活発化。

2016年3月には、iTunesのロックチャートで1位を獲得したミニアルバム『She’ll be fine』を引っ提げて初の全国ツアーを敢行し、全国5箇所すべてがソールドアウトを記録するなど、瞬く間にインディーズシーンで頭角を現し、早くも2016年6月に「Virgin Records」より1stシングル『Morning Glow』でメジャーデビューを飾った。

それからは、メジャーデビューの勢いそのままに『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』といった人気フェスや年末最大のロックフェス『COUNTDOWN JAPAN』にも初出演が決まるなど、一気にメジャーシーンに進出。

2017年には自身初のフルアルバム『プルーストと花束』をリリースし、そのリリースツアーが全国10箇所全公演ソールドアウトを達成。

2017年8月には「SWEET LOVE SHOWER」に初出演を飾るとともに、9・10月には東名阪3都市で初のホールツアーをストリングスを迎えた特別編成で行い、詰め掛けた多くのファンを魅了した。

そして、2017年12月には2ndフルアルバム『Wandering』をリリースし、バンド史上最大規模となる対バン・ワンマン含む全20公演のレコ発ツアーの開催が決定するなど、現在最も期待される若手バンドの最右翼として、今後更なる活躍が期待されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です