ほかの紹介バンドは「≡」メニューよりどうぞ!

【reGretGirl】を初めて知った方におすすめしたい入門曲3選!

出典:growly.net

【reGretGirl(リグレットガール)】は、2014年に結成された大阪を拠点に活動するスリーピースロックバンド。

おすすめ曲3選

ホワイトアウト

reGretGirl – ホワイトアウト


2017年にリリースされた1stミニアルバム『my』に収録。
聞きどころ
  • 滑らかに揺れ動くベース、タイトに刻まれるシンプルなドラムに乗せた、瑞々しい疾走感を纏う爽やかなギターロック
  • 涼やかで抜けのいいファルセット・伸びよくハリのある高音ボイスが光る、Vo平部のキャッチー且つフレッシュな歌声
  • 突然彼女から別れを告げられたことで自暴自棄になり、頭が真っ白になった彼の、やり場のない気持ちや後悔を歌う、同じような失恋を経験した若者に痛いほどぶっ刺さるリアルすぎる歌詞

デイドリーム

reGretGirl – デイドリーム


2017年にリリースされた1stミニアルバム『my』に収録。
聞きどころ
  • 切ないイントロのアルペジオ、歌を引き立たせる柔らかなロックサウンドが耳に優しい、しっとりジーンと沁みるミドルバラード
  • 切なさがにじむサビの突き抜けるハイトーンが心にグッと響く、求心力のある力強い歌声
  • 曲終盤のメロディーに収まらんばかりに言葉を詰め込んだ早口なパートから、力強いロングトーンへのドラマチックな展開
  • 彼女を失った悲しみに打ちひしがれ、どうか夢であってほしいと、別れを受け入れられない彼の、未練たっぷりの女々しい想いを赤裸々に綴った、失恋した者の号泣を誘う共感度の高い歌詞

ピアス

reGretGirl – ピアス


2018年にリリースされた2ndミニアルバム『take』に収録。
聞きどころ
  • サラッとした耳触りの軽やかなギター、メロディアスなベース、包むように柔らかいドラムが織り成す王道感ある軽快なロックサウンド
  • 物腰柔らかなAメロからギアを上げ、高音がシャープにハネる抜けのいいパワフルな歌声
  • 2人が付き合っていた証として付けていたペアのピアスに触れる度に彼女との思い出が蘇り、なかなか未練を断ち切れないでいる彼の、失恋の傷をえぐるような切なすぎる歌詞

【reGretGirl】の特徴

ポストback numberと称される正統派ギターロック

“reGretGirl=失恋”が浸透してしまうほど、実体験を元にしたリアリティに富む未練たっぷりの失恋を、耳触りのいいキャッチーで清涼感あるサウンドに乗せて歌う、ポストback numberとの呼び声が高い正統派日本語ギターロックが特徴。

未練たっぷりの失恋を綴った切なすぎる歌詞

別れを受け入れられない自分、同棲解消後のいたたまれない心情、忘れたくても忘れられない思い出など、自らが経験した未練たっぷりの失恋を、誰もがイメージしやすい情景描写を交えつつ赤裸々に綴った切なすぎる歌詞もウリで、失恋に悩む若者の心を代弁してくれるような共感度の高い言葉の数々も魅力。

Vo平部のハネ感のある歌声とシュアなアンサンブル

透き通るクリーンなファルセットや言葉量多めの早口パートを織り交ぜた、爽やかさと力強さが同居するVo平部の抜けのいいハネ感のある歌声も人気が高く、そのボーカルと歌詞を更に引き立たせるメロディアスなベース・タイトに引き締まったドラムが一体となったシュアなアンサンブルも評価が高い。

幅広い層に刺さるポピュラリティーのある楽曲性

失恋のみを綴ったネガティブな歌詞が乗るポジティブで爽やかな疾走ロック、聴くだけで憂鬱になるほど重たい歌詞が心に沁みる真骨頂的なミドルバラードなど、必要最小限の楽器数でも多彩な工夫を凝らし、幅広い層にアプローチできるポピュラリティーのある楽曲性も魅力。

メンバー


出典:tower.jp

(L→R)(十九川宗裕、平部雅洋、前田将司)

平部雅洋

ボーカル&ギター担当。
全ての楽曲の作詞作曲を担当。
失恋の歌だけを書こうと思ったのは

僕、back numberが好きで。自分が振られた時にback numberを聴いて、“僕もこういうふうになりたいな”と思ったのがきっかけですね。

出典:okmusic.jp

音楽性で影響を受けたのは

でも、やっぱback numberとかMy Hair is Badだったり、クリープハイプが好きなんで、そっち路線というか、意識したコード感ではありますね。

出典:okmusic.jp

十九川宗裕

ベース担当。

前田将司

ドラムス担当。

バンド名の由来

平部(Vo&G)が昔の彼女にフラれて「いつか有名になってフッたことを後悔させてやる。」と思い、
後悔のregretと女の子のgirlで(後悔する女の子)という意味でバンド名を命名。

出典:regretgirl.com

【reGretGirl】のこれまで

フった彼女を見返すために本気でバンドをやろうと、Vo平部を中心に2014年9月に結成。

大学の先輩だったBa十九川、他バンドのサポートからDrms前田を迎え入れ、2015年に現在の編成となる。

2016年、「COUNTDOWN JAPAN」への出演をかけたアマチュア・アーティストコンテスト「RO69JACK 2016」の一次審査を通過。

2017年10月、音源の全国流通前にもかかわらず日本最大のショーケース「MINAMI WHEEL」に出演を果たす。

2017年12月、初の全国流通盤となる1stミニアルバム『my』をリリース
同アルバムのリード曲「ホワイトアウト」のMVは1400万回再生(2019年10月現在)を突破し、Apple Music の新人アーティストピックアップ企画「今週のNEW ARTIST」に選出

その後は、名古屋の大型サーキット「でらロックフェス」、関西テレビの音楽番組「音エモン」主催の「OTOEMON FESTA」、福岡の「TENJIN ONTAQ」、香川の「SANUKI ROCK」など、多数のライブイベントに参加し注目度を拡大。

2018年夏には、さよならポエジー、パノラマパナマタウン、ネクライトーキーらを迎えて自主企画「忘れられないツーマンシリーズ」を東名阪で開催し、盛況に終える。

2018年9月には、滋賀県下最大のロックフェス「イナズマロックフェス」に初出演

2018年11月、2ndミニアルバム『take』をリリースし、全6公演のリリースツアーを開催。

2019年夏には、「JOIN ALIVE」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「WILD BUNCH FEST.」など、大型の野外ロックフェスに立て続けに出演。

そして、2019年9月には3rdミニアルバム『soon』をリリースし、予定されているリリースツアー全13公演が既にソールドアウト。

さらには、年末の2大イベント「COUNTDOWN JAPAN」「RADIO CRAZY」への出演もアナウンスされるなど、back number、My Hair is Bad(マイヘア)に続けとばかりにファン拡大中の、2020年最注目バンドである。