ほかの紹介バンドは「≡」メニューよりどうぞ!

【パノラマパナマタウン】ファンなら必聴すべきおすすめ人気曲3選!

出典:公式サイト

【パノラマパナマタウン】通称「パノパナ」は、2014年に神戸で結成された4人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

SINKAICHI

2016年にリリースされた記念すべきメジャーデビューアルバム『SHINKAICHI』の表題曲

聞きどころ
  • ガレージロック風のシンプルでノリのいいドラムビート
  • アジカンを彷彿とさせる声色とメロディーメイク
  • 早口でまくしたてるようなラップボーカルのアクセント

シェルター

2016年にリリースされた2枚目のミニアルバム『PROPOSE』に収録

聞きどころ
  • 不穏な雰囲気を纏った聞くほどにクセになるギターリフ
  • どこか気だるさも備えつつ、吐き捨てるように歌う荒削りなラップボーカル
  • 20代が作ったとは思えないほど無骨さ・ワイルドさ際立つ攻撃的なメロディー

MOMO

2016年にリリースされた2枚目のミニアルバム『PROPOSE』に収録

聞きどころ
  • オーソドックスな4つ打ちとリフ主体のテンポの良いロックサウンド
  • しっかりと存在感を発揮するエレクトロ風なギターメロ
  • 滑らかな歌い回しで畳み掛けるように言葉を紡いでいく不敵なラップボーカル

【パノラマパナマタウン】の特徴

クセになるラップボーカルを添えた我流オルタナロック

ガレージロックやファンク、ヒップホップ、00年代邦ロックなど、あらゆる要素が垣間見える無骨で荒削りなロックサウンドに、聴くほどにクセになるラップボーカルを添えた我流オルタナロックが特徴。

シブい雰囲気さえ漂う独特のサウンドメイク

躍動的なテンポとうねるようなグルーヴを生み出すリズム隊、ファンキーかつキャッチーなリフを掻き鳴らし、耳にこびりつくような中毒的余韻を生むギターのメロディーなど、いい意味で雑食的で、シブい雰囲気さえ漂う独特のサウンドメイクも魅力。

ラップを随所に挟む個性あふれるボーカル

どこか斜に構えたようなスタンスで、伝えたいことをわざわざ回りくどい言い回しで書き綴った大胆不敵な作詞センスまくし立てるように歌う達弁なラップを随所に挟み込む個性あふれるボーカルスタイルも特徴。

自然と体がノッてしまう独自性豊かなライブパフォーマンス

昭和レトロ風な古着ファッションとともに、パノパナが放つ独特な雰囲気に観客をグイグイ巻き込みつつ、片手をアゲアゲに上下させるヒップホップノリが心地いい、自然と体がノッてしまう独自性豊かなライブパフォーマンスも魅力である。

メンバー

パノラマパナマタウンのアーティスト写真
出典:spice.eplus.jp

(L→R)(田野明彦、岩渕想太、浪越康平、田村夢希)

岩渕想太(いわぶち そうた)

ボーカル&ギター担当。
全楽曲の作詞作曲を担当。
高校1年のときに初めてギターを手にとり、独学で曲作りを始める。
彼にとっては今のパノパナが初めて組んだバンド。
影響を受けたアーティストは独特な感性を武器に90〜00年代に活躍した「ナンバーガール」

浪越康平(なみこし こうへい)

ギター担当。
高校2年のときに当時中高生の間で人気を博していたアニメ『けいおん!』に憧れてギターを始める。
ルーツミュージックはボーカル岩渕と同じ「ナンバーガール」

田野明彦(たの あきひこ)

ベース担当。
小・中学生の時に聞いていた「ASIAN KUNG-FU GENERATION」「BUMP OF CHICKEN」などの王道人気バンドをきっかけにギターをはじめ、大学に入ってからベースをはじめた。

田村夢希(たむら ゆめき)

ドラムス担当。
オリジナルバンドをやろう!と声をかけたバンド結成の発起人。
ルーツミュージックは「Mr.Chidren」「NICO Touches the Walls」

バンド名の由来

「パノラマパナマタウン」という語呂の良さ、言葉の響きから命名。
のちに、自分たちの多様性や見晴らしのいい風景をイメージする「パノラマ」という言葉に、「一つのことに縛られず新しい可能性に挑戦していく」という意味を込めた。

【パノラマパナマタウン】のこれまで

神戸大学1回生の時に、同じ軽音楽部に所属していた岩渕、田村、田野の3人でコピーバンドを組んでいたところ、田村が「オリジナルをやりたい!」と切り出し、リードギターに浪越を加え、2014年1月に結成。

2014年3月、大阪・北堀江のライブハウスにて初ライブ。

2014年6月、1st EP「ロールプレイングep」をリリース
同年8月には、1st EPに収録の5曲のみをひっさげ西日本3カ所をまわるツアーを敢行。その後は活動拠点の神戸を中心にライブを重ねる。

そして、2015年夏には結成からわずか1年半で「RO69JACK 2015」で優勝を飾り、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」のWING TENTステージのトップバッターとして熱いステージを披露した。

2015年11月、関西最大の音楽コンテスト「eo Music Try (イオ・ミュージック・トライ)2015」でPocky賞を獲得

2015年12月には、MASH A&Rが主催するオーディション「MASH FIGHT! Vol.4」でグランプリを受賞するなど、2015年のコンテストシーンを大いに賑わせる。

2015年末、神戸のライブハウス2カ所で自主企画『パナフェス』を初開催

2016年3月には、グランプリを獲得した「MASH A&R」よりミニアルバム『SHINKAICHI』でメジャーデビューを飾り、勢いそのままに「COMIN’KOBE」「VIVA LA ROCK」「SAKAE SP-RING」「JOIN ALIVE」といった各地の人気フェスを席巻。

2016年8月には、2度目の出演となる「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SWEET LOVE SHOWER」、12月には「RADIO CRAZY」「COUNTDOWN JAPAN」といった大型フェスに初参戦するなど、一気にメジャーシーンに進出した。

2017年に入ってからも、各種サーキットイベントへの出演や親交のあるバンドとのスリーマンツアーの開催など、精力的にライブ活動を展開し、2017年4月には、キャリア初となるワンマンツアーを東名神3都市で開催し、会場を埋め尽くした満員のファンを熱狂させ大成功に終えた

それ以降も2年連続の出演となる「COMIN’KOBE」「VIVA LA」「SAKAE SP-RING」をはじめ、「METROCK大阪」「百万石音楽祭」といった人気フェスにも名を連ねるなど、2010年代ロックシーンの最終兵器を謳う業界注目の若手バンドである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です