ほかの紹介バンドは「≡」メニューよりどうぞ!

バンド【ニトロデイ】を初めて知った方におすすめしたい入門曲3選!

出典:www.cinra.net

【ニトロデイ】は、2016年に横浜で結成された平均年齢19歳男2:女2編成の4人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

青年ナイフ

2017年にリリースされたデビューEP『青年ナイフEP』のリード曲。

聞きどころ
  • 10代らしいロックの初期衝動感と、ルーツである90年代グランジを彷彿とさせる、骨太でエモーショナルな轟音ギターサウンド
  • 曲全体に不穏な雰囲気を漂わせるグルーヴィーなベースと安定感のあるタイトなドラム
  • 気だるげに歌うAメロから一気にサビで爆発し、ハスキー声でエネルギッシュにシャウトするVo小室の歌声

レモンド

2018年にリリースされた2nd EP『レモンドEP』のリード曲。

聞きどころ
  • リズム隊が鳴らすボリュミーで力強いベースサウンドに乗せた、さわやかなポップ感が心地いい乾いたリードギター
  • 少年っぽさの残る声質で軽やかに歌うAメロから一気にエモさが増す、声を絞り出すようにシャウトする荒削りなサビのボーカル
  • 気が遠くなるほど暑い日に夕立ちに見舞われた自分を客観視し、「不甲斐ないな 冴えないな」と繰り返し歌うネガティブな歌詞

ユース

2018年にリリースされた2nd EP『レモンドEP』に収録。

聞きどころ
  • 力強い8ビートに乗せた、耳に残る寂しげなギターリフ・ひずむ轟音ギターが印象的な、7分越えの雄大なロックサウンド
  • 瑞々しさ溢れる伸びやかなサビのボーカルと、そのボーカルにほんのり添えられたクリアーなコーラス
  • 2番Aメロはじめのテンポチェンジや、細かなアレンジを随所に散りばめたドラマチックな2番サビ後の長い間奏
  • Vo小室が歌うラスサビの荒々しい絶叫

【ニトロデイ】の特徴

キャッチーかつ骨太な爆音グランジサウンド

ニルヴァーナやピクシーズ、NUMBER GIRLといった90年代のグランジ・オルタナバンドをルーツとした、ビンテージな趣き漂うローファイなギターロックをベースに、女子2人含む平均年齢20歳そこそこのバンドとは思えない渋い音楽を、愚直かつストイックに鳴らす、キャッチーかつ骨太な爆音グランジサウンドが特徴。

若々しくエネルギッシュなアンサンブル

乾いたシャープな音がループするリフ主体のキャッチーなメロディーから、荒々しくひずむファズギターまで鳴らす多彩なギターワーク、ボトムを支える骨太でドッシリとしたベース、的確かつタイトにリズムを刻むしなやかなドラミングなど、荒削りながら、若々しいエネルギーをダイレクトに感じさせるアンサンブルも魅力。

Vo小室の勢いあるハングリーなボーカル

少年っぽさ・やんちゃさを残す特徴的な声質で、心の内にあるヒリヒリとした感情を絞り出すように、かつ全霊を込めて激しくシャウトするVo小室のハングリーなボーカルもウリで、その特徴あるボーカルにポップなエッセンスとして新たに取り入れた、Ba松島の美麗で透明感あるコーラスも魅力。

Vo小室の描くシニカルな歌詞の世界観

聞き手に共感してほしい思いや歌に乗せて届けたいメッセージなどをほとんど込めず、目の前のリアルな日常風景とともに、未来への不安や焦燥感、やるせない気持ち、諦め、世間への皮肉など、その時に湧いた10代らしいありのままの感情を淡々と綴っていくVo小室の描くシニカルな歌詞の世界観も特徴。

メンバー

ロックバンド・ニトロデイのアー写
出典:(L→R)(小室ぺい、やぎひろみ、岩方ロクロー、松島早紀)

小室ぺい

ボーカル&ギター担当。
全楽曲で作詞作曲を担当。
高1の時に出会ったNUMBER GIRLをキッカケに、ニルヴァーナ、スマッシング・パンプキンズ、ピクシーズなどのオルタナ・グランジ系からウィーザーやレンタルズなどのパワーポップ系まで、90年代USロックから多大に影響を受ける。

また、バンド活動以外に短歌も嗜んでおり、短歌甲子園に出場するなど、自らを表現することを好む。

やぎひろみ

ギター担当。
はっぴいえんど、スピッツ、空気公団、カーネーションといったポップ系バンドやBUMP OF CHICKEN、RADWIMPSといった王道バンドまで、邦楽を中心に幅広く聞いていた。
また、演奏スタイルはNUMBER GIRLのGt田渕ひさ子から影響を受けており、使用ギターもジャズマスターを愛用している。

松島早紀

ベース&コーラス担当。
Vo小室と同じ高校の軽音楽部出身。
かなりの音楽好きで、L⇔R(エルアール)、Great 3(グレイト・スリー)、カルチャー・クラブなど、洋邦問わず80年代以降のポップスを好み、特にシンガーソングライターの岡村靖幸から影響を受ける。

岩方ロクロー

ドラムス担当。
バンドの最年長。
お父さんがハードロックバンドをしていたこともあり、幼少より音楽に触れる。
忌野清志郎がボーカルを務めていたRCサクセションやエレファントカシマシ、andymori、銀杏Boyzといった骨太な日本語ロックンロール的バンドが好きで、洋楽にはあまり触れてこなかった。

【ニトロデイ】のこれまで

2016年3月、Vo小室を中心によく通っていた地元のライブハウスが一緒だったGtやぎ、Drms岩方、同じ高校の軽音楽部だったBa松島を誘い結成。

2016年5月に横浜のライブハウスBAYJUNGLEにて初ライブ。

2016年12月、結成からわずか1年足らずでロッキングオン主催の「RO69JACK」で見事優勝を飾り、同年末に開催された「COUNTDOWN JAPAN 16/17」に出演を果たす

2017年2月、自主制作のミニアルバム『16678』をリリース

2017年7月、平均年齢18歳にして発表した1st EP『青年ナイフEP』をリリースし、多くの音楽関係者やロックファンから反響を得る。

2017年12月、2000年代初頭から活躍する元祖オルタナバンド「ART-SCHOOL」が開催したワンマンライブのオープニングアクトに抜擢

2018年5月、日本のエモ・パワーポップの先駆的バンド「HUSKING BEE」とNUMBER GIRLの向井秀徳率いる「向井秀徳アコースティック&エレクトリック」の対バンライブのオープニングアクトを務め、話題となる。

2018年7月、2nd EP『レモンドEP』をリリースし、Apple Music「今週のNEW ARTIST」「SPACE SHOWER NEW FORCE 2018」「2018年7月度タワレコメン」などにも選出される。

2018年12月、1st アルバム『マシン・ザ・ヤング』をリリースし、2019年2月より全3公演のレコ発ツアーを開催。

そして、ツアーファイナルの新代田FEVERにて開催されたバンド初のワンマンを盛況に終えると共に、大型室内ロックフェス「VIVA LA ROCK」への出演も内定するなど、2019年最も注目を集める次代を担っていくであろう若手バンドの1つである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です