ほかの紹介バンドは「≡」メニューよりどうぞ!

バンド【ミオヤマザキ】を初めて知った方におすすめしたい入門曲5選!

出典:www.village-v.co.jp

【ミオヤマザキ】は、紅一点のボーカルmioを中心に2013年より活動する4人組ロックバンド。

おすすめ曲5選

メンヘラ

ミオヤマザキ – メンヘラ


2015年リリースの1stミニアルバム『大人がダメって言ったやつ』に収録。
ゲームアプリ『マヂヤミ彼女』のエンディングテーマ。
聞きどころ
  • 性急感ある効果音と叙情的なメロディーが彩るシリアスと疾走感が同居したヘヴィなサウンド
  • ポエトリー風の語り、感情を爆発させるような絶叫も交えつつ、可憐でクールなVo.mioの歌声
  • 私だけを愛してほしい、という想いが届かず、リスカや薬に手を染め、挙句には彼に「死んで」とまで言ってしまう、病的なほど一途な恋愛感情を綴った衝撃的な歌詞

正義の歌

ミオヤマザキ – 正義の歌


2016年リリースの1stフルアルバム『anti-these』に収録。
聞きどころ
  • エフェクト盛り盛りのダンスミュージックにゴリゴリのラウド感を混ぜ込んだ、情報量多めのメリハリあるサウンド
  • ピアノの音色が印象的なムーディーなジャズパート
  • ファニーなラップやポエトリー的なセリフ、パワフルなシャウトから個性際立つキャッチーなサビまで歌い分ける、バリエーション豊富なボーカル

ノイズ

ミオヤマザキ – ノイズ


2017年リリースの2ndシングル。
2ndフルアルバム『choice』に収録。
TVアニメ「地獄少女 宵伽」のオープニングテーマ
聞きどころ
  • 切なさをより際立たせる鍵盤の音色、滑らかに揺れ動くベースが織り成す聞き手をグッと惹き込むメロディアスなロックバラード
  • 消え入りそうな儚さと凛とした芯の強さを備えた、バラード映えするボーカルmioの艶美で可憐な歌声
  • 本心を伝えたら離れていってしまう、でも本心を伝えずに掴んだ幸せはホントに幸せなの?、という彼を愛しているからこそ募る不安や彼と肩を並べて生きていけなかった後悔を綴った心に刺さる切ない歌詞

斉藤さん

2017年リリースの2ndフルアルバム『choice』に収録。

聞きどころ
  • ボリューム感のあるヘヴィでエッジの効いたギターにスペーシーなエフェクト音を添えたラウド色強めのアグレッシブなサウンド
  • 矢継ぎ早なラップ、茶目っ気のある合いの手、キリッと通る声サビまで、パワフルに歌い回すVo.mioの多彩な歌声
  • 周りが止めるほどヒドイ男と分かっていながら、気づけば恋し、嫉妬し、そんな自分が嫌なのに何度も同じ轍を踏んでしまう、自分の正直すぎる恋愛観を綴った歌詞

un-speakable

ミオヤマザキ – un-speakable


2019年リリースの2ndミニアルバム『un-speakable』の表題曲。
聞きどころ
  • 不気味でダーティーなイントロから一気に加速し、圧倒的スピード感で疾走するキレキレのラウドロック
  • ボカロチックなボイスも交えながら、畳み掛けるような勢いで歌い上げる、ボーカルmioのカッコよさに振り切った歌声
  • 日本語・英語ごちゃ混ぜながら、巧妙に韻が踏まれ、般若心経まで盛り込んだ聴く者を圧倒するぶっ飛んだ歌詞

【ミオヤマザキ】の特徴

女性から熱狂的人気を誇るメッセージ性の強い歌詞

彼を好きであるが故に募る不安や葛藤、日々抱える孤独感、不倫や浮気といった恋愛の陰の部分、自分の信念を曲げずに生きることの大切さなど、揺れ動くリアルな女性心理心の叫びをダイレクトに描いた、10〜20代の女性から熱狂的人気を誇るメッセージ性の強い歌詞が特徴。

ボーカルmioの表現多彩な圧倒的歌唱力

心にグッと刺さる可憐で凛とした歌声をクールに響かせつつも、畳み掛けるような高速ラップや感情を吐き出すようなポエトリーリーディング、悲痛感漂う悲鳴のようなシャウト、茶目っ気のあるキュートな合いの手?など、聞き手を魅了するボーカルmioの表現多彩な歌唱もウリ。

ラウド色強めの質の高いシリアスなバックサウンド

ヘヴィなギターが炸裂するゴリゴリのロックを軸に、ジャズや歌謡曲のエッセンス、今風なダンスミュージック、叙情的な鍵盤の音色を効果的に配置し、ボーカルmioの多彩な歌声をドラマチックに演出する、ラウド色強めの質の高いシリアスなバックサウンドも定評がある。

身を削って歌声を届ける鬼気迫るパフォーマンス

純粋に「歌詞」と「メロディ」で勝負するため、ライブ(通称「スレ」)であってもメンバー全員が素顔を明かさない徹底したプロモーションと、強烈な言葉の数々を投げ掛け、オーディエンスを挑発的に煽り、身を削って歌声を届ける鬼気迫るパフォーマンスも魅力。

メンバー

出典:www.village-v.co.jp

(L→R)(Hang-Chang、Shunkichi、mio、taka)

mio(ミオ)

ボーカル担当。
すべての曲の作詞を担当。
現役のキャバクラ嬢。
ミオヤマザキの熱狂的なファン“ミオラー”と想いを交わし合う場所として「スレ」と称したライブを大切にしている。

taka(タカ)

ギター担当。
ほとんどの楽曲で作曲を担当するバンドのリーダー。
ボーカルmioいわく

メンヘラの欲しているモノを分かりきっている罪深きメンヘラ製造機ギター

出典:music.emtg.jp

Shunkichi(シュンキチ)

ベース担当。
メンバー最年少。
ボーカルmioいわく

目を離すとすぐいなくなってしまう自由人ベース

出典:music.emtg.jp

Hang-Chang(ハンちゃん)

ドラムス担当。
ボーカルmioいわく

超優しいので旦那にするには最高だと思うけど彼氏にはしたくない童貞ドラマー

出典:music.emtg.jp

【ミオヤマザキ】のこれまで

2013年8月、バンドの楽曲をテーマに制作された無料ゲームアプリ「マヂヤミ彼女」にて音源を初披露。(現在500万DLを突破)

2014年12月24日、ソニー・ミュージックエンタテインメントの社内レコードレーベル「エピックレコードジャパン」より、1stシングル『民法第709条』でメジャーデビュー

2015年5月、1stミニアルバム『大人がイイって言ったヤツ』『大人がダメって言ったヤツ』を2枚同時リリース

2015年9月、初の自主企画「ミオフェス」を開催。

そして、2015年10月より約4ヶ月にわたる初のワンマンツアーを開催し、入場無料だったツアーファイナルの新宿BLAZE公演は応募殺到でチケット即完となる。

2016年4月、フジテレビの深夜ドラマ「SHIBUYA零丁目」の主題歌に「シブヤノウタ」が起用される。

2016年8月、人気の夏フェス「SUMMER SONIC」に初出演

2016年9月、滋賀県下最大のロックフェス「イナズマロックフェス」に初出演

2016年10月、VRやAIなど、最新のテクノロジーを駆使したミオヤマザキ独自の世界感を体感できるイベント「メンヘラバーチャルミュージアム」を開催

2016年11月、1stフルアルバム『anti-these』をリリースし、リリース記念のワンマンツアーを全国7都市で開催。

2017年4月、ロックの聖地とも言える「日比谷野外音楽堂」にてワンマンライブを開催。

2017年7月、テレビアニメ「地獄少女 宵伽(よいのとぎ)」のオープニングテーマとして書き下ろされたニューシングル「ノイズ」をリリース

2018年4月、お笑いコンビ「NON STYLE」石田が脚本を務め、相方・井上が主演を務める映画「耳を腐らせるほどの愛」の主題歌に『哀図』が起用される。

2018年7月、パシフィコ横浜にてライブ「THE SHOW」を開催すると共に、2ndフルアルバム「choice」をリリース

2018年9月、大阪で開催の野外イベント「RUSH BALL」に初出演

2018年10月には、台湾・香港公演を含む全17公演のワンマンツアーを開催。

2019年1月、1万枚限定ミニアルバム「un-speakable」リリース

2019年3月、香港で開催された「ROCK ON JAPAN」に出演

2019年5月、ロックフェス「METROCK OSAKA」に初出演

2019年6月より、約5ヶ月がかりで47都道府県無料ワンマンツアーを開催し、見事完走を果たす。

2019年8月、日本最大級のロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に初出演

2019年9月、ぴあ主催の音楽フェス 「PIA MUSIC COMPLEX」に出演

そして、2019年11月からは東名阪福4都市でのZeppツアーに加え、年末最大のロックフェス「COUNTDOWN JAPAN」への出演アナウンス、バンド史上最大キャパとなる横浜アリーナワンマンが控えるなど、2020年最注目のバンドである。