ほかの紹介バンドは「≡」メニューよりどうぞ!

【感覚ピエロ】初心者に優しい必聴おすすめ曲3選!

出典:公式サイト

【感覚ピエロ】通称「感エロ」は、2013年に大阪で結成された4人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

拝啓、いつかの君へ

2016年にリリースされた全国流通版2ndミニアルバム『不可能可能化』に収録。
日本テレビ系ドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌

聞きどころ
  • 這うようにうねるボリューミーなベースの上をいくスリリングでメロディアスなギターの音色
  • 独特な艶感を帯びた高音ボイスが響くフロントマン・横山のエモーショナルなボーカル
  • タイアップされたドラマのストーリーに通ずる歌詞

そして、この主題歌起用により「感覚ピエロ」の名が一躍脚光を浴び、ロックファンでない一般層からも注目集めるきっかけとなった1曲。

Japanese-Pop-Music

2015年にリリースされた全国流通版ミニアルバム『Break』に収録。

聞きどころ
  • 昨今のヒットチャートの上位を占める商業音楽としてのJ-POPを痛烈に皮肉った歌詞
  • 王道の4つ打ちダンスロックを推し出したクールで妖艶な雰囲気漂うメロディー
  • 存在感際立つ躍動的なベースラインに乗るファンキーかつ表情豊かなギター

O・P・P・A・I

2015年にリリースされたミニアルバム『Break』に収録。

聞きどころ
  • ひたすらにオッパイのことを歌うインパクト大のコミカルな歌詞
  • 4つ打ちのノリのいいグルーヴに乗せたキレのあるスリリングなギターサウンド
  • 艶のあるファルセットや独特の歌い回しを織り交ぜた中毒性の高いボーカル
  • ユニークなフリや人目をはばからず声高らかに「オッパイ」を叫べるライブノリの良さ

会場の強烈な一体感を生むライブ定番のキラーチューン。

おすすめアルバム

Break

2015年リリース。
初の全国流通版となった記念すべき感エロの1stミニアルバム。
上で紹介したおすすめ2曲のほか、都市伝説の一種である"メリーさんの電話"をオマージュした「メリーさん」、スター・ウォーズシリーズに登場するキャラクター"ダース・ベイダー"を題材にした「D.B」など、バラエティ豊かなラインナップのこのアルバムはおすすめ。
また、全6曲中5曲のMVがYouTubeにアップされているので、気になる方はチェックを。


収録ラインナップ
1.「メリーさん」
2.「O・P・P・A・I」
3.「Japanese-Pop-Music」
4.「D.B」
5.「A-Han!!」
6.「水槽の中で眠る君よ」

【感覚ピエロ】の特徴

ピエロのごとく振り幅の広い変幻自在のロックサウンド

バンド名にあるピエロのごとく、ゴリゴリのギターロックやメロディアスな疾走チューン、王道の4つ打ちダンスロックからコミカルに振り切ったファニーソングまで、様々な顔を覗かせる、振り幅の広い変幻自在のロックサウンドが特徴。

艶のある高音を操るVo横山の歌声と質の高いバンドサウンド

独特な雰囲気を帯び、艶のある高音が特徴的なフロントマン横山のボーカル、切れ味鋭くメロディアスな音色を鳴らすギター、激しくうねるようなグルーブを生み出すベース、あらゆる曲調にも的確にリズムを刻みバンドを支えるドラムが絶妙なバランスで混ざり合った質の高いバンドサウンドも魅力。

破りでインパクトのある楽曲ラインナップ

スターウォーズの「ダース・ベーダー」や都市伝説として流行った「メリーさん」をモチーフにした曲、ただひたすらにオッパイのことを歌った曲、ヒットチャート上位を独占するJ-POPを皮肉った曲など、型破りでインパクトのある楽曲ラインナップもウリ。

スピーディーかつ型にハマらないプロモーショナルな活動スタイル

バンド結成と同時に自主レーベルを設立し、MVやアートワークの制作、レコーディングのミックスやマスタリング、マネジメントに至るまで、すべて自分たちの手でセルフプロデュースしており、レーベルなどに属さない無所属バンドならではのスピーディーかつ型にハマらないプロモーショナルな活動スタイルも注目。

メンバー

感覚ピエロのアーティスト写真
出典:basement-times.com

(L→R)(滝口大樹、横山直弘、西尾健太、秋月琢登)

横山直弘(よこやま なおひろ)

ボーカル&ギター担当。
北海道出身。
各楽器のバランスをとり、音調整するレコーディングエンジニアとしての一面も見せる。
また、人気アニソン歌手LiSAに楽曲提供もしている。

秋月琢登(あきづき たくと)

ギター担当。
自主レーベル『JIJI RECORDS』(JIJIはJust Imagine,Just Ideaの頭文字)の代表を務め、バンド結成・自主レーベル設立の発起人。
バンド結成前は、関西のライブハウスでブッキングマネージャーをしていた。

また、彼らの代表曲「拝啓、いつかの君へ」の作詞作曲を担当した。

滝口大樹(たきぐち だいき)

ベース担当。
ロックバンド「カヨコ」のメンバーとしても活動している。

西尾健太(にしお けんた)

ドラムス担当。
メンバー最年長。

【感覚ピエロ】のこれまで

ライブハウスのブッキングマネージャーとして約2000組以上のバンドを見てきたギターの秋月が、才能の片鱗を感じたボーカル・横山と、その横山と相性が良さそうなプレーヤーに声をかけ、2013年7月大阪にて結成。

そして、その結成と同時に自主レーベル『JIJI RECORDS』を設立し、アルバムのリリースやレコーディング、MVやアートワークの制作、ライブのスケジューリングからプロモーションに至るまで、全てセルフプロデュースでやってしまうDIYスタイルが関西のインディーロックシーンで話題を集める。

その結成以後、大阪のライブイベントや親交のあるバンドのツアーアクトとして数多くのライブをこなしつつ、2014年12月には大阪で開催される年末恒例のロックフェス「RADIO CRAZY」に初出演を飾る。

2015年2月には、初の自主企画ワンマンイベントを東名阪3都市で開催し、見事全公演ソールドアウトを達成。同年6月には初の全国流通版ミニアルバム『Break』をリリースし、そのレコ発ツアーを47都道府県で敢行するなど、耳早なインディーズロックファンを中心に人気を博す。

その後、彼らにとってターニングポイントとなる転機が訪れ、2015年10月にリリースされたLimitedアルバム『あなたの正義、創ります。』に収録された「拝啓、いつかの君へ」のMVを見たドラマ演出監督の水田伸生氏から直接オファーを受け、2016年4月期放送の日本テレビ系ドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌に大抜擢された。

そして、この地上波ドラマへのタイアップを機に、人気・知名度とも一躍全国区となり、「COMIN’KOBE」「VIVA LA ROCK」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「RUSH BALL」といった名だたるロックフェスへの出演が急増し、出演したライブイベントでは軒並み入場規制を連発。

2017年に入っても活動の勢いは衰えず、「JAPAN JAM」「METROCK」といった近年人気拡大中のロックフェスに初出演を飾るとともに、2017年6月公開の映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』の主題歌に抜擢されるなど目覚しい活躍をみせる。

2017年8月には、2年連続となる「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」への出演や「SUMMER SONIC」への初出演のほか、「a-nation」「イナズマロックフェス」といった人気イベントにも出演を決めるなど、メジャーバンドと肩を並べながらロックシーンを賑わせる新世代バンドの一角として注目を集めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です