ほかの紹介バンドは「≡」メニューよりどうぞ!

【Hello Sleepwalkers】初心者に優しい必聴おすすめ曲3選!

出典:mobile.twitter.com

【Hello Sleepwalkers(ハロー・スリープウォーカーズ)】通称「ハロスリ」は、2008年に結成された沖縄出身の男女混合5人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

午夜の待ち合わせ

2014年にリリースされた通算3枚目のシングル。
テレビアニメ『ノラガミ』のオープニングテーマ

聞きどころ
  • 性急感のあるアグレッシブなサウンド
  • 個々に存在感のあるメロディーを奏でつつ、絶妙な掛け合いをみせるギター
  • 何度も反芻してしまう中毒的なコーラス
  • 次々と予測不能な方向に向かっていくようなドラマチックな曲展開
また、YouTubeに投稿された今作のMVは2017年8月現在1200万回以上再生されており、このタイアップによってハロスリの名前が一躍広まるキッカケとなった。

猿は木から何処へ落ちる

2014年にリリースされたメジャー2枚目のアルバム『Masked Monkey Awakening』のリード曲

聞きどころ
  • UFOが飛来したかのようなスペースチックなギターリフ
  • 女性Vo.ナルミがエネルギッシュかつソウルフルに歌い上げるサビ
  • ラスサビ終わりにAメロを持ってくる大胆な曲展開
  • ハイアップテンポでノリのいいヘヴィなロックサウンド

神話崩壊


2016年にリリースされた4枚目のアルバム『Planless Perfection』のリードトラック

聞きどころ
  • ダークでトゲトゲしい攻撃的なサウンド
  • 韻を踏んだ言葉を緻密につなぎ合わせ、資本主義へのアンチテーゼ的な痛烈さを持った歌詞
  • 2番終わりの痺れるような早弾きギターソロ
  • みんなで歌えるパートがいくつも存在するライブ映え抜群の人気ナンバー

【Hello Sleepwalkers】の特徴

最近のバンドでは珍しいギター3本編成という強みを活かしたアグレッシブで迫力ある濃密ギターサウンド、1曲中にリズムパターンや曲調がガラリと変化し、男女ツインボーカルのコーラスワークも織り交ぜた予測不能かつトリッキーな曲展開が特徴。

そして、曲全体の流れを固めず、思うままにメロディーやフレーズを当てはめていく独特な作曲スタイルによって作り上げられた、「剛と柔」「静と動」といった相反するサウンドを自由に行き来する振れ幅の広いメロディーも魅力。

さらには、抜群の安定感で豪快なビートを刻むドラム重く野太いグルーヴを奏でるベースが作り上げるしっかりとした土台の上を、3本のギターを自由にユニゾンさせ、重層的な膨らみを持ったサウンドを展開する、高いサウンド構築力にも定評がある。

また、風格さえ漂う凛とした声でソウルフルに歌い上げる女性ボーカル・ナルミ、内に秘めた熱量を声に宿しつつ、力感溢れるボーカルを繰り広げる男性ボーカル・シュンタロウの男女Wボーカルが織り成すコンビネーション豊かなコーラスワークも魅力。

そして、自他共に認める超がつくほどの人見知り集団ながら、ステージに立って音を鳴らした瞬間に人が変わったように覚醒し、アドレナリン全開で音源以上にハイボルテージな感情むき出しのサウンドをかき鳴らすアグレッシブなパフォーマンスも人気が高い。

メンバー

Hello Sleepwalkersのアーティスト写真
出典:spice.eplus.jp

(L→R)(マコト、ナルミ、シュンタロウ、タソコ、ユウキ)

シュンタロウ

ボーカル&ギター担当。
ハロスリのフロントマンにして、バンドの中心的存在。
ほとんどの楽曲の作詞作曲を担う彼は、Aメロ部分の歌詞やメロディー、ベース以外の編曲をすべてを作り終えてからBメロ→サビの制作へと移っていく独特な作曲スタイルが特徴

ナルミ

ギター&ボーカル&コーラス担当。
ハロスリの紅一点。
高校卒業のときにシュンタロウに誘われ加入。
中学生のときに知った椎名林檎に衝撃を受け、ギターをはじめた。

タソコ

リードギター&コーラス担当。
一部の曲で作曲も担当する。
元々はシュンタロウと同じ大学のゼミ仲間で、最初はギター3人はいらない!と断られたものの1ヶ月かけて頼み込み、執念でメンバー入りを勝ち取った。

マコト

ベース担当。
一部の曲で作曲も担当する。
シュンタロウとともにハロスリを立ち上げる。
また、ベースの作曲を一任されており、シュンタロウからの信頼も厚い。

ユウキ

ドラムス担当。
ナルミの小・中学の後輩。
実家がスタジオを経営しており、2歳からドラムの英才教育を受ける生粋のドラマー。
メンバー最年少。

バンド名の由来

一歩一歩、歩を進めていくような現実感を帯びた「walk」と、夢という空想の世界をさまようような非現実な世界観を表した「sleep」を掛け合わせ「リアルとバーチャル両方を感じ取ってもらえたら」という想いを込めて名付けた。

【Hello Sleepwalkers】のこれまで

シュンタロウとマコトが高校卒業を機に新たにバンドを立ち上げ、高校の同級生だったナルミ、シュンタロウと同じ大学のゼミ仲間だったタソコ、ナルミの後輩で、地元界隈では有名だった凄腕ドラマー・ユウキを加え、2008年に沖縄で結成。

結成後は地元沖縄のライブハウスを中心に活動し、2010年11月、前のバンド名「どんぐりバスター」名義で参加したヤマハ主催の音楽コンテスト「The 4th Music Revolution」で九州代表に選出

2011年10月、バンド名を現在の「Hello Sleepwalkers」に改名し、タワーレコード限定でワンコインシングル『センチメンタル症候群』をリリース

そして、同作が「TOKYO FM」や「SPACE SHOWER TV」でヘビロテされるとともに、動画サイトにアップされた音源が1ヶ月で10万回再生以上を記録するなど、メジャーデビュー前にも関わらず大きな反響を集める。

2011年12月、赤坂BLITZで行われたカウントダウンイベントに出演し「9mm Parabellum Bullet」「[Alexandros]」といった人気バンドが多数出演する中、オープニングアクトに抜擢される。

2012年1月、1stアルバム『マジルヨル:ネムラナイワクセイ』でメジャーデビューを飾り、発売日当日に東京での初ワンマンを開催。

その後は、同じレーベルメイトの「ONE OK ROCK」のツアーアクトに抜擢されたり、 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SUMMER SONIC」「SWEET LOVE SHOWER」「COUNTDOWN JAPAN」といった大型フェスに初出演を飾ったりと、華々しくメジャシーンに進出した。

2013年に入ってからも、東京や大阪をはじめとして、各地で開催されるサーキットイベントへの参戦、「The Flickers」らとともに東名阪3都市でスリーマンツアーを開催するなど、精力的にライブ活動を展開。

2014年1月には、1曲のみを収録したワンコインシングル「午夜の待ち合わせ」をリリースし、同作がテレビアニメ『ノラガミ』のオープニングテーマに起用された。

2014年5月には、同年2月にリリースした2ndアルバム『Masked Monkey Awakening』を携えてのキャリア初のワンマンツアーを東名阪3都市で開催し、チケットは見事ソールドアウトを達成。

2015年には、初出演となる大型室内フェス「VIVA LA ROCK」やデビューイヤーから3年連続となる「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」への出演、「Quintet Laboratory(五重奏の実験室)」と銘打ったワンマンツアーを1年を通して開催するなど、より一層の活躍を見せる。

2016年5月には、4thアルバム『Planless Perfection』のリリースを記念した全国8都市をまわるキャリア初の全国ワンマンツアーを、2017年5月には5thアルバム『シンセカイ』のリリースを記念した全国8都市をまわる全国ワンマンツアーをそれぞれ開催し、大成功に終えた。

そして、近年はアルバムリリースツアーと並行して「THE ORAL CIGARETTETS」などの人気バンドが開催する対バンツアーのゲストアクトとして数多くのライブをこなすなど、ライブシーンを熱く盛り上げるべく躍動する若手バンドの一つとして注目を集めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です