LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、最近気になっているバンドの魅力や人気曲を紹介していきます!

【Suchmos】初心者必聴!まずはこちらのおすすめ3曲を是非聴いてみて

スポンサーリンク

ロックバンド・Suchmosのアーティスト写真
出典:tsutaya.tsite.jp

Suchmos(サチモス)】は、2013年に神奈川県出身メンバーを中心に結成された6人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

STAY TUNE


Suchmos - STAY TUNE

2016年にリリースされた2nd EP『LOVE&VICE』のリード曲で、Honda「VEZEL」のCMソングに起用され、Suchmosの名を一躍広めた1曲。

東京という街を若さゆえの冷めた目で皮肉った歌詞、サビ前のキレのいいギターカッティング、分厚くうねるようなベース、そして洋楽を聴いてるかのようなムーディーでイカしたグルーヴ感が魅力のSuchmosが送る最高のキラーチューン。

 

 

YMM


Suchmos - YMM

2015年にリリースされた1stスタジオアルバム『THE BAY』のリード曲。
曲タイトルはメンバーとよく遊びに行っていた「横浜みなとみらい(Y)okohama (M)inato (M)irai)」から。

セクシーなムード感を漂わせつつ、どこか懐かしさも想起させるようなメロディー、重厚感のあるベースライン、フックの効いたギターリフ、そして絶妙な間合いで挟み込まれるスクラッチが印象的な深夜ドライブのお供にしたい1曲。

 

 

MINT


Suchmos - MINT

2016年にリリースされた3rd EP『MINT CONDITIONのリード曲で、デニムブランドのリーバイス®︎とのコラボレーションのもと製作された1曲。

ほのかに包み込むように鳴らされるシンセの音色、夕暮れ時にふと聴きたくなるようなメロウでノスタルジック感漂うメロディー、ゆったりと大きくノれるようなグルーヴ感、そして、「仲間への思い」を独特な節回しで表現した歌詞が魅力のライブ定番ナンバー。

 

 

Suchmos】の特徴

"アシッドジャズ""ネオソウル"といったブラックミュージックをルーツとするメロウでムーディーなサウンドに、J-POPや歌謡曲、ヒップホップなど、あらゆるメロディーエッセンスを散りばめたグルーヴィでスタイリッシュな横ノリ系サウンドが特徴。


そして、貪欲なまでに「自分たちが好きな音楽をやる」「ただいい曲を作る」というコンセプトの元、オーソドックスなバンド形態にDJキーボードを織り交ぜた高いサウンドアレンジ力、音を感じるままにゆら〜っと聴きたくなる心地の良いリズム感、醸し出されるおおらかで小洒落た空気感も魅力である。


さらには、日本語と英語を巧みに織り交ぜつつ、若者目線で鋭く社会に切り込むようなピリッと風刺のきいた反骨心溢れる歌詞、物憂げな表情で聴くほどにゆる〜い脱力感にさいなまれるフロントマンYONCEの独特なボーカルもウリである。


また、オシャレアイコンとして聴いている10〜20代のロックファンのみならず、ジャミロクワイをはじめとする80〜90年代のブラックミュージックや、日本の元祖とも言えるR&Bシンガー・久保田利伸にハマっていた30〜50代のミドル世代の琴線にも触れるファン層の幅広さも特徴である。

 

メンバー

Suchmosのアーティスト写真
出典:spaceshowermusic.com

YONCE(ヨンス)

写真真ん中左。
ボーカル担当。
本名:河西洋介(かさい ようすけ)
中学生の時に、音楽好きのおじから薦められたニルヴァーナに衝撃を受け、バンドマンを志す。
また、自分が志向とする音楽を作り続けるために、今なお生まれ育った地元・茅ヶ崎に住み続けている。

 

HSU(スー)

写真右端。
ベース担当。
本名:小杉隼太(こすぎ はやた)
8人組のジャズ・ヒップホップグループ「SANABAGUN.(サナバガン)」のベーシストとしても活動。
家族の影響で、幼い頃からスティービーワンダーなどの洋楽が自然と家で流れているような家庭で育ち、5歳にしてクラシックギターを始め、高校生の頃からベースを始めた。

 

OK(オーケー)

写真左から2番目。
ドラムス担当。
本名:大原健人(おおはら けんと)
DJ担当のKCEEは実の弟。
家族が聞いていたドリカムや宇多田ヒカル尾崎豊などのJ-POPに加え、ディアンジェロロイ・エアーズといったブラックミュージックがルーツと語る。
進学した音楽大学ではポピュラージャズを専攻。

 

TAIKING(タイキング)

写真左端。
ギター担当。
本名:戸塚泰貴(とつか たいき)
サッカー日本代表戸塚哲也(とつか てつや)氏を父に持つ。
中学では吹奏楽部に所属しパーカッションを担当。同じ部の先輩の影響でギターを始めた。
また、進学した音楽学校では編曲を学び、編曲家として活動していた経歴を持つ。

 

KCEE(ケーシー)

写真真ん中右。
DJ担当。
本名:大原魁生(おおはら かいき)
中学1年生の頃、HSUに借りたジャミロクワイに衝撃を受け音楽の道を志し、DJを始める。
また、Suchmos結成初期はアートワークやミュージックビデオなど映像面も手掛けていた。

 

TAIHEI(タイへー)

写真右から2番目。
キーボード担当。
本名:櫻打泰平(さくらうち たいへい)
メンバー唯一の他県出身者(富山出身)。
HSUと同じようにSANABAGUN.のキーボーディストとしても活動。
母親がヤマハ音楽教室の講師をしていた影響で、2歳からエレクトーンを始める。
大学の先輩だったHSUに出会い、メンバーと交流を深めバンドに加入した。

 

バンド名の由来

スキャット」という歌唱スタイルを初めて確立したジャズ界の巨匠ルイ・アームストロングの愛称「サッチモ」に由来。
また、このルイ・アームストロングのように、自らもパイオニアとして名を馳せていきたいという意思も込めて名付けた。

 

Suchmos】のこれまで

全員がバラバラに音楽活動をしつつも音楽の趣味が合う遊び仲間だった6人は、自然と音楽を一緒にやりたいという思いを募らせ、「こういう音楽やってみたくね?」というOKの一言からYONCE、HSU、OK、元ギターのAYUSTATの4人でSuchmosを結成。


2014年7月、FUJI ROCK FESTIVAL '14』への出演をかけた新人アーティストの登竜門的な位置付けのオーディションROOKIE A GO-GO(ルーキー・ア・ゴーゴー)』のトリに抜擢されるなど、結成直後から注目を集める。


その後、2015年5月に脱退を表明したギターのAYUSTATと入れ替わる形でTAIKINGKCEETAIHEIが正式加入し、現在の6人体制となる。


2015年7月、1stフルアルバム『THE BAY』をリリースし、そのアルバムのリード曲「YMM」がすぐさまFMチャートを賑わし、2015年12月には、年に一度、Apple Musicが優れた音楽作品を賞賛するApple Music Best of 2015』ベストニューアーティストに選出されるなど、一躍注目を集める。


2016年1月、リリースした2nd EP『LOVE&VICE』オリコンチャート15位iTunes総合アルバムチャートで1位を獲得


2016年4月には、その2nd EPリリースに伴う全国7都市を回った初の全国ツアーは即ソールドアウトとなるなど、耳の早いロックファンを中心に瞬く間に人気・知名度を拡大。


2016年7月、自身2度目となるFUJI ROCK FESTIVAL '16』の出演で、国内の新人バンドとしては異例とも言えるホワイトステージ(2番目に大きいステージ)に抜擢され、見事ジャンプアップを果たす。

2016年9月、『LOVE&VICE』のリード曲「STAY TUNE」が、Honda「VEZEL」のCMソングに起用される。

2016年12月には、初出演したCOUNTDOWN JAPAN 16/17』で入場規制がかかるなど、一気にメジャーシーンの最前線に名乗りを上げた。


2017年1月には、リリースした自身2作目のスタジオアルバム『THE KIDS』オリコンアルバムチャートで2位に食い込むなど、各メディアに大きく取り上げられる。


2017年4月、ソニー・ミュージックレーベルズとアーティスト専属契約を結びつつ、自主レーベル『F.C.L.S(エフシーエルエス)』(First Choice Last Stanceの頭文字)を立ち上げる。


2017年5月には、「ONE OK ROCK」の広島公演のツアーアクトに抜擢されると共に、毎年夏に行われる日本最大級のロックフェスROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』ではメインステージに大抜擢されるなど、2017年最注目バンドとしてメジャーシーンの話題をさらっている。