読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、気になったアーティストや人気曲を紹介していきます!

【SHE'S(バンド)】初心者必見!抑えておくべきおすすめ3曲と人気の理由を普及したい

スポンサーリンク

 

f:id:libre_sound:20170223072321j:plain
出典:coolhomme.jp

【SHE'S(シーズ)】は、2011年に大阪で結成され、メンバー全員1992年世代という気鋭の若手ロックバンド。

 

『SHE'S』の特徴

ギター・ベース・ドラムが高次元にまとまりつつ、タイトな王道的ロックサウンドを奏でながら、そのサウンドのメインにピアノのメロディーを据えた次世代的ピアノロックが特徴。

 

そして、彼らのサウンドのカギを握るピアノのメロディーは流麗で耳に心地よく、彼らの創る1曲1曲に壮快で晴れやかな雰囲気がもたらしており、時折心にグッと響いてくるようなエモーショナルさも魅力である。

 

また、温かみがあり、心に染み渡るようなクリアボイスで歌い上げるボーカル・井上の歌声も特徴で、その歌声がピアノによるエモーショナルなサウンドと相乗効果的にマッチし、曲の世界観が一層際立つような高い歌唱力も特徴である。

 

メンバー

f:id:libre_sound:20170223072336j:plain
出典:natalie.mu

井上竜馬(いのうえ りょうま)

写真右から2番目。
ボーカル&キーボード担当。
全ての楽曲のソングライティングを手がける『SHE'S』の中心的存在。
小学1年から中学2年まで経験していたというピアノの腕は一流。

 

広瀬臣吾(ひろせ しんご)

写真左から2番目。
ベース担当。

 

服部栞汰(はっとり かんた)

写真右端。
ギター担当。

 

木村雅人(きむら まさと)

写真左端。
ドラムス担当。

 

バンド名の由来

1人が似合うミステリアスで独特なオーラを持った中学時代のクラスメイトの女子(she)がモチーフ。
不思議な雰囲気を持つ彼女は何を考えているのかわからない…「She is……」から、語感のよい『SHE'S』となる。

 

人気曲3選

数ある【SHE'S】の曲の中から厳選した人気曲を3曲紹介する。

 

Voice


SHE'S - Voice

『Voice』は、2014年にリリースされた3部作アルバムの1枚目『WHO IS SHE?』のリード曲で、関西テレビの音楽番組『音エモン』のエンディングテーマに起用された1曲。

淀みなく突き抜けるようなサビは心にジーンと響いてくるような印象を受け、ふと聞いた時に彩りを添えているピアノの音色が心地よい、彼らの代名詞的エモーショナルバラードロックなナンバー。

 

Un-science


SHE'S - Un-science

『Un-science』は、2016年2月にリリースされた3部作アルバムの3枚目『She'll be fine』のリード曲。

ヴァイオリンを取り入れたことで、1曲全体を通して春めかしく温かな雰囲気がもたらされ、この曲の最大の盛り上がりを見せるラスサビ前の「ヴァイオリン×ピアノ×フルート」のアンサンブル、そのアンサンブルからパンキッシュに奏でられるギターへの流れは聞き応えがある。

そして、SF映画のワンフレーズ「愛は時間も距離も飛び越えていくのよ」という言葉をフィーチャーし、科学では解明できない愛の奇跡を歌った曲。

 

Morning Glow


SHE'S - Morning Glow

『Morning Glow』は、2016年6月にリリースされた彼らの記念すべきメジャー1stシングル。

流麗なピアノのメロディーが際立つスケール感漂うイントロからタイトルのMorning Glow(朝焼け)という名に相応しい壮快な1曲で、澄み渡っていくようなノビのいいサビも魅力。

 

【SHE'S】のこれまで

彼らは中学時代、当時のロックシーンで抜群の人気を誇っていたELLEGARDENの奏でる音楽に衝撃を受け、音楽の道を志し、オーソドックスな王道のバンドサウンドに「ピアノ」というエッセンスを取り入れたピアノロックバンドとして活動を開始する。

 

その後は、地元である大阪を中心にライブを重ね、『SHE'S』のベースを作り上げていった彼らは、結成翌年に10代のアーティストのみが出場でき、若手バンドの登竜門的なロックフェス閃光ライオット2012』で、ファイナリストの9組に選出されるなど、音楽的な将来性を高く評価される。

 

そして、2014年からは自主制作ながら3部作のミニアルバム『WHO IS SHE?』『WHERE IS SHE?』『She'll be fine』のリリースに伴う主催イベントの開催、数多くのサーキットイベントやライブフェスへの出演、親交のあるバンドを招いたツーマンツアーなど、バンド活動をより活発化させ、2016年6月に「Virgin Records」より1stシングル『Morning Glow』でメジャーデビューを飾った。

 

それからは、メジャーデビューの勢いそのままにROCK IN JAPAN FESTIVAL』『RISING SUN ROCK FESTIVALといった人気フェスや年末最大のロックフェスCOUNTDOWN JAPANにも初出演が決まるなど、人気を急拡大。

 

2017年には自身初のフルアルバムプルーストと花束』をリリースするなど、一気にメジャーロックシーンへと踊り出た彼らは、若手バンドのポープとして、今後ますます活躍が期待されている。