ほかの紹介バンドは「≡」メニューよりどうぞ!

【厳選】【ROTTENGRAFFTY】(ロットン)初心者に優しい必聴おすすめ曲8選!

(L→R)(侑威地、NOBUYA、HIROSHI、N∀OKI、KAZUOMI)

【ROTTENGRAFFTY(ロットングラフティー)】通称「ロットン」は、1999年に結成された京都出身の5人組ツインボーカルミクスチャーラウドバンド。

スカ、ダブ、パンク、ハードコア、メタル、エレクトロなど多ジャンルをクロスオーバーさせたハードサウンドに、古き良き日本の叙情を感じさせる和メロを添えたオルタナティヴな音楽性と、迫力満点の激しいライブを各地で繰り広げ、盟友「10-FEET」に並び"響く都(京都)"のライブシーンに君臨する通称"古都のドブネズミ"

おすすめ曲8選

零戦SOUNDSYSTEM

2005年リリースの2ndアルバム『えきさぴこ』に収録。

聞きどころ
  • 三味線を思わせるヒリヒリとした和調なメロディーが光る、迫り来るようなスリリングさ漂う重厚なメタリックサウンド
  • 息もつかせぬほど言葉を畳み掛けていくアグレッシブなラップボーカル野性味あるデス声コーラス
  • 次の曲に変わった?と錯覚させるほど、ゆったりとしたレゲエ調に変わるユニークなアウトロの展開
  • 第二次世界大戦の時に死をもいとわず零戦に乗って特攻した神風特攻隊をモチーフにした攻撃的な歌詞

THIS WORLD

ROTTENGRAFFTY – THIS WORLD


2010年リリースの3rdアルバム『This World』に収録。

聞きどころ
  • イントロ/アウトロのエレクトロ風味なギターに絡む浮遊感ある切ないベースとクリーンな電子音
  • ゴリゴリのヘヴィロックを軸に、ダンサブルなリズム/ピコピコ電子音まで盛り込んだ疾走感溢れるドラマチックなサウンド
  • 野太く荒々しいスクリームに加えて、早口でまくし立てるラップ、メロディアスなサビのボーカルまで歌い分ける独創的なボーカル
  • 聞き手も一緒になって「go! go!」「ハッ ハッ ハッ ハッ」と盛り上がれる、サビに掛け合う男臭いパワフルな合いの手
  • やるかやられるかの世界に立ち向かうための力を俺たちの音楽で与えてやる!と言わんばかりな、心奮い立つ好戦的な歌詞

響く都

2010年リリースの3rdアルバム『This World』に収録。

聞きどころ
  • 日本人に馴染み深い祭囃子の哀愁ある雰囲気を纏ったリズムとメロディーが新鮮な、ロットン流のノリノリお祭りソング
  • 流れるように歌い手をチェンジしながら、韻を踏みつつテンポよく言葉を発していく、リズミカルなラップ?ボーカル
  • 祭りの掛け声さながらの「アイーヤ アイーヤ」「エンヤーエンヤー」と、自然と心踊らせ、フロアの一体感を煽るエネルギッシュな合いの手
  • 響く都こと、地元・京都にまつわるモノ・言葉をそこかしこに散りばめた、地元愛に溢れるユーモラスな歌詞

銀色スターリー

ROTTENGRAFFTY – 銀色スターリー


2011年リリースのベストアルバム『SILVER』からの配信限定カットシングル。
5thアルバム『Walk』に収録。

聞きどころ
  • 骨太な高速ビートに90年代の歌謡ロック的な趣を感じるメロディーを乗せ、スペーシーな電子音まで織り交ぜた性急感あるメタルサウンド
  • ハイテンポなボーカルから一転、救いを請うようなスローテンポなBメロの歌い回し
  • J-POPリスナーにもスッと届きうるコア感をそぎ落としたキャッチー且つ叙情的なサビのボーカル
  • 切なさ/エモーショナルさが一段と増すクライマックス感あるラストの大サビ
  • 震災の傷心を乗り越え、命の儚さ/尊さを胸に刻みながら、この想いを忘れることなく明日も生きろ!と歌う聞き手に力をくれる歌詞

金色グラフティー

ROTTENGRAFFTY – 金色グラフティー


2011年リリースのベストアルバム『GOLD』からの配信限定カットシングル。
5thアルバム『Walk』に収録。

聞きどころ
  • 耳にこびりついて離れない特徴あるイントロ/間奏/アウトロの和調なギターのメロディー
  • テクニカルなシンセ音に加え、重厚さ/疾走感まで兼ね備えた前のめり過ぎるほど勢いあるヘヴィサウンド
  • それぞれに特徴あるAメロ/Bメロを経て、哀愁帯びるパワフルなサビへ変化していく息もつかせぬボーカルワーク
  • サビの流麗なコーラス・2番サビ終わりからヘヴィさ/EDM色を増強させつつ、ラスサビで一気に落とす聞き手を飽きささない曲展開
  • 美しい黄金色の夕焼け空を見ながら抱いた子供の頃の初心を胸に、脇目も振らず今を行け!と促してくれるようなハングリーな歌詞

D.A.N.C.E

ROTTENGRAFFTY – D.A.N.C.E


2012年リリースの4thシングル。
5thアルバム『Walk』に収録。

聞きどころ
  • 本能的に体がノってしまう強靭な重低音ビートに乗せた、エレクトロ色強めの夏らしいアゲアゲなEDMサウンド
  • オートチューンも駆使したエフェクティブなボーカルと、一緒になって叫びたくなる雄叫びのような合いの手
  • 2番サビ終わりの不気味な高笑いからスピードが加速し、ゴリゴリ感/パンクさが増すアグレッシブな曲展開
  • Dragon AshのIKÜZÖNE氏の死をきっかけに制作された、大切な人を失った悲しみを吹き飛ばすほど勢いあるエネルギッシュな歌詞

世界の終わり

ROTTENGRAFFTY – 世界の終わり


2014年リリースの5thシングル。
6thアルバム『PRAY』に収録。

聞きどころ
  • 歌謡曲の持つ叙情的なメロディーに重厚且つ硬質な洋楽メタルのエッセンスも取り込んだ迫力あるハードでメロディアスなサウンド
  • 艶やかな歌声が響くBメロ・ハードな印象なく、すんなり耳に馴染むキャッチーでエモーショナルなサビのボーカル
  • 艶やかな歌声が響くBメロ・ハードな印象なく、すんなり耳に馴染むキャッチーでエモーショナルなサビのボーカル
  • 2番サビ終わりのダークで獰猛なギターリフからの切なさ際立つ泣きのメロディー
  • いつかこの世界に終わりが来るのであれば、夢が輝きを放ち始めた今この瞬間を懸命に生きてやる!と歌うバンドの決意/覚悟を感じる歌詞

70cm四方の窓辺

ROTTENGRAFFTY – 70cm四方の窓辺


2017年リリースの7thシングル。
6thアルバム『PRAY』に収録。
テレビアニメ『ドラゴンボール超 』の10月度エンディングテーマ

聞きどころ
  • 静と動の緩急の幅が広い、壮大なスケール感とシリアスな叙情性が入り交じる迫力あるヘヴィな疾走ラウドサウンド
  • スピード感のある激しいサビから一転、ストリングスの音色が切なさを煽るバラード調なメロディへとつながる怒涛の曲展開
  • テンポを抑えたしっとり切ないAメロパートから一気にダイナミズム/エモーショナルさが増強される切れ味鋭いボーカル
  • 窓から覗く空を見るたびに蘇る、大切な存在を失ったむき出しの感情をありのままストレートに綴った心に刺さる感傷的な歌詞

おすすめアルバム

Walk

2013年リリース。
2011年にリリースされた2枚のベストアルバム『GOLD』『SILVER』のそれぞれのリード曲『金色グラフティー』『銀色スターリー』の2曲に加え、ライブの定番ナンバー『D.A.N.C.E』『STAY REAL』『Error…』など、人気曲目白押しの名盤。

収録曲ラインナップ
1.STAY REAL
2.ill-usion
3.金色グラフティー
4.鬼ごっこ
5.灯
6.Walk
7.I&I
8.銀色スターリー
9.NO THINK
10.リンカネーション
11.Error…
12.D.A.N.C.E

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です