LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、最近気になっているバンドの魅力や人気曲を紹介していきます!

【ReVision of Sense】ファンなら抑えておきたいおすすめ人気曲3選!

スポンサーリンク

ロックバンド・ReVision of Senseのアー写
出典:公式サイト

【ReVision of Sense(リビジョンオブセンス)】通称「リビジョン」は、2012年に大阪で結成された5人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

ダメ、ゼッタイ、現実逃避


ReVision of Sense - ダメ、ゼッタイ、現実逃避

「ダメ、ゼッタイ、現実逃避」は、2015年にリリースされた初の全国流通版ミニアルバム『宣戦布告の7ヶ条』に収録された1曲。

おすすめポイント

・いやが応にも耳に残り、口ずさまずにはいられないようなコミカルかつキューティーな合いの手

・疾走感溢れるアグレッシブなサウンド

・トランス要素を盛り込んだ売れ線要素満載のメロディーアレンジ

この曲はライブで必ずと言っていいほど披露される鉄板ナンバー。

 

 

ヨノナカカネ


ReVision of Sense - ヨノナカカネ

「ヨノナカカネ」は、「ダメ、ゼッタイ、現実逃避」同様、ミニアルバム『宣戦布告の7ヶ条』に収録された1曲。

おすすめポイント

・直接的すぎるタイトル通りに"世の中は金だ"と歌った1曲

・耳にこびりついて離れない中毒的なフレーズ

ファミコン風のピコピコサウンド

・スピード感溢れるサビ

・曲の随所に散りばめられた音の遊び

・簡単に真似できるユニークなフリ

盛り上がり要素目白押しの人気曲。

 

負け続きの日々


ReVision of Sense - 負け続けの日々

「負け続きの日々」は、2017年にリリースされたiTunes限定アルバム『負け犬の軌跡』に収録された1曲。

おすすめポイント

・ユニークな歌が多いリビジョンにおいて逆に異端とも言える、メロディアスなピアノの音色が際立つシンプルな王道ロックサウンド

・耳障りよくスッと入ってくるボーカル河井の歌声

・日の目を見ず、負け続きの音楽人生を赤裸々に綴った歌詞

 

 

【ReVision of Sense】の特徴

疾走感溢れるヘヴィなラウドナンバーからじっくりと聞かせにかかるバラードまで、ジャンルレスな幅広さ持った豊富な楽曲ラインナップ、流麗なピアノの音色やEDM風のアレンジ、ラップや合いの手といった、流行りの売れ線要素も貪欲に取り入れた雑食サウンドが特徴。


そして、世の中は結局、顔やお金だと辛辣に歌い、つい目を背けたくなるような人間の弱さや醜さ、心の内に抱える葛藤、自殺や離別などのダークな内容に至るまで、オブラートに包むことなくド直球に綴った風刺的で皮肉感たっぷりの歌詞も魅力である。


また、普段ライブに行かないような人も振り向かせ、何としてもライブ会場に足を運んで欲しいとの思いから「無料ワンマンツアー」や「全楽曲無料ダウンロード」といったと他に類を見ない斬新な活動を展開し、中高生でも手の出しやすい敷居の低さをウリにしている。


そして、フロアにいる全員を文句なしにノらせる煽りのうまさに加え、初見客でも口ずさみたくなるようなコミカルな合いの手や簡単に覚えられる振り付けなど、オーディエンスの心を鷲掴みにする要素をふんだんに盛り込んだ、破天荒かつユーモアに溢れたライブも魅力である。


さらには、一軒家にメンバー全員で住まい、すぐに音楽制作ができる環境が整っていることも強みで、レスポンシブなリリーススパンで音源を生み出し、完全セルフプロデュースによるインディーズならではのスピーディーな活動スタイルも注目を集めている。

 

メンバー

ReVision of Senseのアー写
出典:natalie.mu

 

河井教馬(かわい かずま)

写真真ん中。
ボーカル担当。
リビジョンの中心的存在で、ほとんどの曲の作詞作曲を担当。
「売れるために思いつく限りの事をなんでもやる」を信条とし、他のバンドが思いつかないようなブッとんだアイデアを次々と生み出している。

また、過去には「ONE OK ROCK」がライバルだと語り、佐々木希にプロポーズすると豪語していた。

 

辻友遥(つじ ともはる)

写真左端。
ドラムス担当。
ボーカル河井とは前身バンド時代からの仲。
バンドでは主にグッズ配送や移動車の運転を担当。
高校時代に流行っていたACIDMANをキッカケにバンドに興味を持つ。最近は「ラブライブ!」などのアニメソングを好んで聴いている。

 

偉町大介(いまち だいすけ)

写真真ん中右。
ギター担当。
鮮やかな赤髪がトレードマーク。
バンドでは主にグッズのデザインや作成を担当。
ボーカル河井の声に惹かれ加入を決意した。

また、エアロスミスを筆頭に80〜90代の洋楽ハードロックバンドをよく聞いていた。

 

嘉藤康介(かとう こうすけ)

写真真ん中左。
ギター担当。
ギター偉町とは対照的な金髪頭。
バンドではライブ会場でのグッズ販売を担当。
バンドのメンバー募集でWEBに上がっていた音源に惹かれ加入。

学生の頃流行っていたBUMP OF CHICKENELLEGARDENなどをよく聞いていた。

 

上村元隆(かみむら もとたか)

写真左端。
ベース担当。
バンドではライブ会場やSNS上でのファンとの交流を担当。
河井・辻が組んでいた前身バンド時代からのファン。
今もフリーダウンロードできるバラードナンバー「ALIVE」を聴いて加入を決意し、ベース未経験ながらサポートを経て加入した。

 

【ReVision of Sense】のこれまで

2011年に前身バンドの活動休止により、ボーカル河井・ドラムス辻を中心に約2年がかりでメンバーを集め、2012年に大阪で結成。


2014年6月、東海地区最大のライブサーキットイベント「SAKAE SP-RING」に初出演を飾り、同年7月には自主制作のアルバムを3枚を同日リリース。


2015年8月、4大夏フェスの一角SUMMER SONICに大抜擢される。


2015年9月、初の全国流通版となる1stミニアルバム『宣戦布告の7ヵ条』をリリースし、同年10月には関西最大級のライブサーキットイベントMINAMI WHEELに初出演を飾り、会場前の段階で入場規制をかけるという伝説を作った。


2015年11月、全国7会場にて親交のあるバンドを迎えつつレコ発ツアーを開催し、同年12月には初参戦した年末の大型フェス「RADIO CRAZY」でも入場規制をかけるなど、10〜20代のライブキッズを中心に人気を博す。


2016年1月、ライブ会場・通販限定の1st EP『僕の4枚舌』をリリースし、東名阪福の4都市をまわるワンマンツアーや全国7カ所をまわる対バンツアーを開催し、盛況に終える。


2016年8月、2ndミニアルバム『八面楚歌』をリリースし、関西有数の大型夏フェスRUSH BALL」に初出演を果たす。


2016年9月、T.M.Revolution西川貴教主催のイナズマロックフェス」に初出演を飾り、FREE AREAの風神ステージのトップバッターを務め、堂々たるステージングを披露した。


2016年12月、大阪・阿倍野ROCKTOWNで『ブスの参勤交代』と称した年末単独フェスを主催し、当日は入場待ちの列が出来るほどの盛況を見せ、阿倍野ROCKTOWN史上最大の盛り上がりとなった。


2017年2月、リビジョンを知らない友達を連れてくると入場料がタダになる「洗脳会」と称したライブイベントを全国8カ所13公演にわたり開催。


2017年4月、ライブ会場・ヴィレヴァン限定のミニアルバム『クズの教典』、300円という破格の値段で売り出されたiTunes限定アルバム『負け犬の軌跡』を2日続けてリリースし、『負け犬〜』は、iTunesアルバム総合ランキングで1位を獲得する快挙を成し遂げた。


2017年7月には、北海道で開催の2大野外フェスのひとつJOIN ALIVE、同年9月には都市型オールナイトロックフェスBAYCAMPに初出演。


そして、2017年9月より東名阪3会場合計で6000人規模の入場無料イベント「大洗脳会」を、クラウドファンディングで調達した資金を元に開催し、詰め掛けた多数の来場者を大いに賑わせた。


2017年11月、ミニアルバム『ディスられる勇気』を"クズ人間"にちなんで920円(クズ)でリリースし、11月〜翌年3月まで、同アルバムを引っ提げた全国21公演にわたるキャリア最大規模のワンマンツアーの開催を宣言した。


それに加えて、年末最大のフェスCOUNTDOWN JAPANにも初出演を決めるなど、「売れたい」一心で現在のライブシーンの潮流とは一線を画す活動スタイルが注目を集め、自らを"負け犬"と称した異端児バンドとして快進撃を続けている。