LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、最近気になっているバンドの魅力や人気曲を紹介していきます!

【パスピエ】初心者必聴!まずはこちらのおすすめ3曲を是非聴いてみて

スポンサーリンク

 

ロックバンド・パスピエのアーティスト写真

出典:the-me.jp

パスピエは、東京芸大出身のキーボーディスト・成田ハネダを中心に2009年に結成された4人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

S.S


パスピエ - S.S

「S.S」は、2013年にリリースされたメジャー1stフルアルバム『演出家出演』のリード曲。

イントロからメロウで独特な雰囲気を纏ったキーボードの音色、ハイアップテンポで歯切れのいいプリティな歌声、エンディングまで息つく暇を与えない手数の多い疾走ビートが印象的なこの曲は、「パスピエ」の音楽的ルーツをここぞとばかりに詰め込んだ彼らの代名詞的1曲。

S.S

S.S

 

トキノワ


パスピエ - トキノワ

「トキノワ」は、2015年にリリースされたメジャー4枚目のシングルで、テレビアニメ『境界のRINNE』のエンディングテーマに起用された1曲。

瑞々しく色鮮やかな美麗サウンドと軽快で弾むようなリズム、斬新さの中にポップさとキャッチーさを緻密に交錯させた独創性溢れる1曲。
そして、タイアップ作「境界のRINNE」のストーリーに通ずる「輪廻の輪」をテーマにした大胡田節全開のリリックとともに、ラスサビ前の折り重なっていくようなエネルギッシュなアンサンブルが印象的な1曲。

 

MATATABISTEP


パスピエ - MATATABISTEP

『MATATABISTEP』は、2014年にリリースされた両A面の3rdシングルで、2ndアルバム『幕の内ISM』にも収録されている人気曲。

特徴的なシンセのリフが鳴り響く印象的なイントロから、どこか和のテイストも漂わせるダンサブルなサウンド、少し茶目っ気のあるサビの「パッパッパリラ」を口ずさみつつ、自然と盛り上がらずにいられないライブ映え抜群のキラーチューン。

 

パスピエ】の特徴

幼い頃からクラシックピアノ一筋だったキーボードで作曲の成田ハネダが傾倒していたドビュッシー』の創り上げた印象主義音楽※に、80年代のニューウェーブやポップスのサウンド感、70年代〜2000年代のエレクトロやテクノ要素を織り交ぜ、卓越した音楽理論印象派×ポップロック」を構築した新世代的ポップロックが特徴。


そして、色彩豊かな情景が目に浮かぶような艶美なメロディーと対となって存在するのが、どこか椎名林檎を思わせるキュートで特徴的な声色を持つボーカル大胡田の歌声であり、彼女の歌声が耳に吸いつくような心地よさと中毒性をもたらしている。


また、慣用句やことわざなどが多用され、聴く人の想像力を掻き立てる遊び心溢れるファンタジックな歌詞、繊細なタッチで描かれたアーティスティックで独創性溢れるMVやCDジャケットは、「何かを表現したい」と常々語るボーカル大胡田によって生み出され、作曲の成田・歌アートワークの大胡田という2枚看板が「パスピエ」の特徴である。


さらに彼らは、MVやアートワークに基本的に素顔を晒しておらず、シルエットだったり、ピンボケさせたり、顔のパーツを見切れさせたりと、見えそうで見えないという絶妙な加減で好奇心をくすぐり、その術中にはまったファンを虜にする魅惑さも特徴である(2016年7月の7thシングル「永すぎた春/ハイパーリアリスト」のリリースを機に素顔を解禁した)。


そして、心踊るような躍動感溢れるバンドアンサンブルを展開し、音源以上の熱量で最高の音を届けてくれる彼らのハイクオリティーなサウンドを耳にできるライブも魅力で、虜にならざるを得ない「電脳破壊」的魅力を秘めた独創的な世界観もウリである。


印象主義音楽…音の響きや雰囲気を大切にした形式にとらわれない自由なリズムと、自然な不協和音などを積極的に取り入れた反ロマン派音楽。

 

メンバー

パスピエのアーティスト写真
出典:passepied.info

 

大胡田なつき(おおごだ なつき)

写真真ん中。
バンドの紅一点。
ボーカル担当。
全ての楽曲の作詞と、ジャケットデザインやアーティストビジュアル、ミュージッククリップといったアートワーク全般も手がける。
趣味をアザラシと語るほど、アザラシを好む。

 

成田ハネダ(なりた はねだ)

写真左から2番目。
キーボード担当。
パスピエ】のリーダーで、全ての楽曲の作曲を担当する。 学生時代はクラシック一筋だったが、大学1年の時に見た「COUNTDOWN JAPAN」で衝撃を受け、【印象主義音楽×ポップロック】の融合をコンセプトとしたバンド結成を目論み、「パスピエ」結成に至る。
また、「成田ハネダ」という大業な名前は、長年世話になっていた下北沢のライブハウスの店長に、語呂がいいからという理由で命名された。

 

三澤勝洸(みさわ まさひろ)

写真右から2番目。
ギター担当。
抜群のプロ輩出実績を誇る音楽学校メーザー・ハウス出身。

 

露崎義邦(つゆざき よしくに)

写真右端。
ベース担当。
ギターの三澤同様、音楽学校メーザー・ハウス出身。

 

バンド名の由来

バンド名は語呂が良く、また、バンド結成のコンセプトである「印象主義音楽×ポップロック」というところから、印象主義音楽の代表作曲家ドビュッシーが手がけたベルガマスク組曲の終曲「パスピエから名付けた。

 

パスピエ】のこれまで

結成当初から下北沢や渋谷のサーキットイベントなど、都内を中心にライブ活動を展開し、クラシックをバックボーンとした音楽性と素顔を明かさないミステリアスさが話題となり、ロックファンの間では知る人ぞ知るバンドとして注目が集まる。


そして2011年には、全くの無名、バンドの詳細も謎のベールに包まれた新人バンドながら、自身初の全国流通版アルバム『わたし開花したわ』でインディーズデビューし、ほぼノンプロモーションにも関わらず異例のロングセールスを記録する。


そんな最近のロックシーンの潮流からは一線を画し、得体の知れない新人バンドとして『ナタリー』のPower Pushアーティストとしてピックアップされたり、音楽雑誌『ROCKIN' ON JAPAN』で取り上げられるなど、多方面から興味の矛先を向けられ、2012年にワーナーミュージック・ジャパンの邦楽レーベル「unBORDE(アンボルデ)」より、ミニアルバム『ONOMIMONO』でメジャーデビューを飾った。


メジャーデビュー後は、近年盛り上がりを見せる地方開催のフェスや都市型サーキットイベントなど、「印象派×ポップロック」という唯一無二のサウンドアプローチと、ボーカル大胡田による独創的なタッチのイラストから生み出される、立体的な音の世界観を武器に活動の幅を全国へと広げる。


そして、2013年にはiTunesによる「今年ブレイクが期待できる新人アーティスト」で、12組中の1組に選出されるとともに、ジャニーズの人気メン・山下智久の楽曲プロデュースも手がけるなど、音楽シーンにおいて「パスピエ」の名がジワジワと知られるところとなる。


さらに彼らの活動の勢いは増すばかりで、メジャーデビュー後初のフルアルバム『演出家出演』CDショップ大賞2014」に入賞したり、ゲストバンドを迎えつつ開催した自主企画イベント「印象A」「印象B」は、両公演ともチケットソールドを達成したり、大型ロックフェス「ROCK IN JAPAN」COUNTDOWN JAPANに初出演が決まったりと、2013年は飛躍の1年となる。


その後も、「FM802」や「J-WAVE」といった音楽ラジオ番組主催のライブイベントを筆頭に、サマソニ」「ライジングサンロック」「METROCK」など、各地で開催される人気イベントを席巻し、2015年の年末には全国9カ所を回ったツアーの締めくくりとして日本武道館公演を開催し、大成功に収めた。


そして、日本武道館公演というバンドとしての1つの節目を終えた2016年からは、素顔をぼかすことで演出していたミステリアスなアーティストイメージから脱却し、ミュージックビデオや地上波の音楽番組への出演などで素顔を解禁


より一層音楽活動を活発化させ、東名阪3カ所でのホールツアー、2017年3月からはメジャー4枚目のフルアルバム「&DNA」を引っさげて臨む、全国17カ所を回るパスピエ史上最大のリリースツアーを敢行予定で、今後益々活躍に拍車がかかっていくであろうバンドの1つである。