LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、最近気になっているバンドの魅力や人気曲を紹介していきます!

【おいしくるメロンパン】を初めて知った方におすすめしたい入門曲3選!

おいしくるメロンパンのアー写
出典:rockinon.com

おいしくるメロンパンは、2015年に結成された東京都内を中心に活動するスリーピースバンド。

おすすめ曲3選

色水


おいしくるメロンパン - 色水

2016年にリリースされた1stミニアルバム『thirsty』に収録。

聞きどころ

・飄々としたテンションで歌い回していく、透明感のある個性的な少年ボイス

・小気味のいい乾いたギターに、手数の多いスピーディーな高速ドラム、躍るようにリズミカルな骨太ベースが緻密に絡み合う、瑞々しくもノスタルジックなサウンド

・ブルーハワイのカキ氷が人肌で溶けていってしまう様を、「君」と「僕」の恋の終わりに重ねる文学的センスが印象的な、切なく儚い歌詞

色水

色水

  • provided courtesy of iTunes

シュガーサーフ


おいしくるメロンパン - シュガーサーフ

2016年にリリースされた1stミニアルバム『thirsty』に収録。

聞きどころ

・イントロから焦燥感煽るようにかき鳴らされるソリッドなギター

・ドライブ感のある滑らかでボリューミーなベースラインと、細やかなシンバルの音色を要所に織り交ぜたテンポのいいフィジカルなドラム

・フラットな淡々としたテンションで歌う少年のような淀みないハイトーンボイス

三者それぞれの持ち味を出しながらアグレッシブに音を重ねていく間奏のアンサンブル

 

あの秋とスクールデイズ


おいしくるメロンパン - あの秋とスクールデイズ

2017年にリリースされた2ndミニアルバム『indoor』に収録。

聞きどころ

・軽やかなクリーンギター、グルーヴィーでうねるようなベース、スピード自在なタイトなドラムが織り混ざるスリリングなサウンド

・シャープに声を張るように歌う、切なく陰りのあるクリーンなハイトーンボイス

・曲の随所でONOFFのはっきりしたトーンダウンを挟む緩急自在な曲展開

・彼女を裏切ってしまった自分の行いを悔やみ、自分を攻め「情けないな」を連呼する、男の悲痛な思いがヒシヒシと伝わってくる歌詞

 

 

おいしくるメロンパン】の特徴

ソリッドかつアグレッシブなギターロック

小気味よくスピーディーに刻まれるドラム/躍動的で跳ねるようなベースを軸に、郷愁や寂寥感(せきりょうかん)漂う爽やかで甘酸っぱいメロディー特徴的な高音ボイスが調和よく混ざり合った、聞けば聞くほど病みつきになるソリッドかつアグレッシブなギターロックが特徴。

 

透き通る清流のようなハイトーンボーカル

もの寂しい雰囲気を内包したあどけない少年のような特徴的声質と、起伏なく淡々としたテンションで歌いつつも、曲の随所で切れ味鋭く声を張るように歌う高音パートがクセになる、Voナカシマの透き通る清流のようなハイトーンボーカルも魅力。

 

4ピース以上に緻密で骨太なアンサンブル

ひねりの効いたフレーズを随所に織り交ぜつつシャープに、軽やかに掻き鳴らされるギター、ファンクやジャズの趣きも感じるグルーヴィーで跳ねるようなベース、手数の多さが耳を引くリズミカルなドラムがバランスよく組み合わさった、4ピースバンドにも引けを取らない緻密で骨太なアンサンブルもウリ。

 

想像力をかき立てる美しく洗練された歌詞

色や香りといった五感をくすぐるワードチョイス、登場人物の心の揺らぎや葛藤、息遣いや胸の高鳴りまでもが伝わってくるような繊細な心情描写、端的な言葉で情景を鮮明に描き出していく非凡な文学的センスが多分に発揮された、聞き手の想像力をかき立てる美しく洗練された歌詞にも定評がある。

 

メンバー

おいしくるメロンパンのアー写
出典:news.nifty.com
(L→R)(峯岸翔雪、ナカシマ、原駿太郎)

ナカシマ

ボーカル&ギター担当。
ほとんどの曲の作詞作曲を担当し、打ち込みによる大まかなアレンジまで行うバンドの中心的存在。
おいしくるを結成するまではバンドに属さず、1人で音楽制作をしていた。
影響受けたアーティストはandymori相対性理論

 

峯岸翔雪(みねぎし しょうせつ)

ベース担当。
大学に入ってから高校の同級生である原からバンドをやりたい!と連絡があり、大学の友達だったナカシマに声をかけおいしくるを結成させたバンドの発起人。
影響受けたアーティストはBLANKY JET CITY

 

原駿太郎(はら しゅんたろう)

ドラムス担当。
影響受けたアーティストはフジファブリック
メガネがトレードマークで、手数の多いリズミカルな高速ドラムが魅力。

 

バンド名の由来

峯岸と大学でよく一緒にいることがあって。その当時、ふたりのあいだで語呂のいい言葉を生み出すということが流行ってたんです。ある日メロンパンを食べたときに「メロンパンが美味しい状態である」ことを表す「おいしくるメロンパン」っていう言葉が生まれて、「いいの出たね」ってストックしていたんですよ。それでバンド組むってなって、バンド名決まらないから、ストックしていたあれ使おうってことで、おいしくるメロンパンになりました。

出典:music.emtg.jp

 

おいしくるメロンパン】のこれまで

2015年9月、かねてからバンド活動をしたいと思っていたBa峯岸が大学の同級生であるナカシマ、高校の同級生だった原を誘いバンドを結成。


その後、活動開始からわずか1年足らずで「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」への出演をかけたマチュアアーティストコンテスト「RO69JACK 2016」で優勝を飾る。


2016年8月、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」に出演を果たす。


同年9月、初の自主企画ライブ「パンはパンでも俺は俺 vol.1」を行い、会場ぎっしりに集まったお客さんを魅了した。


さらに同年12月、初の全国流通盤となる1stミニアルバム『thirsty』をリリースするとともに、年末のビックフェスCOUNTDOWN JAPAN 15/16」へも初出演を果たした。


2017年4月、1stミニアルバムのリリースを記念した初の自主企画スリーマンツアーを開催し、東京公演では即完を記録する。


2017年6月には、毎年石川で開催の室内ロックフェス「百万石音楽祭(ミリオンロック)」、東海地区最大のサーキットイベント「SAKAE SP-RING」、同年8月には2年連続のロッキン出演に加えて、中四国最大の野外フェスMONSTER baSH出演など、大型イベントに続々と出演を果たした。


2017年9月、2ndミニアルバム『indoor』をリリースし、同作がApple Musicが選ぶ今最も注目すべき新人アーティストのピックアップ企画「今週のNEW ARTIST」に選出され、知名度を拡大。


2017年10月、2ndミニアルバムを引っさげて臨んだ初全国ワンマンツアーでは追加公演を含む全国8か所9公演を大成功に収めた。


2018年5月、ロッキング・オン主催の大規模野外フェス「JAPAN JAM」に初出演を果たし、詰めかけた多くのファンを魅了した。


2018年7月、3rdミニアルバム『hameln』をリリースし、現在はそのアルバムリリースを記念した全国11ヶ所を巡るキャリア最大規模の全国ワンマンツアー中であり、今後ますますの活躍を期待される業界注目の若手バンドである。