LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、最近気になっているバンドの魅力や人気曲を紹介していきます!

【マカロニえんぴつ】を初めて知った方におすすめしたい入門曲3選!

スポンサーリンク

マカロニえんぴつのアー写
出典:www.sundayfolk.com

【マカロニえんぴつ】は、2012年に神奈川県で結成された全員が音大出身の4人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

鳴らせ


マカロニえんぴつ - 鳴らせ

2015年にリリースされた1stミニアルバム『アルデンテ』に収録。

聞きどころ

・空が晴れ渡っていくような爽快感が心地いい、キャッチーでアグレッシブなサビ

・クセなくスッと入ってくるVo.はっとりの伸びのいい歌声

・名刺代わりと言わんばかりに存在感際立つ小気味良いキーボードの音色

鳴らせ

鳴らせ

  • マカロニえんぴつ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

サウンドオブサイレン


マカロニえんぴつ - サウンドオブサイレン

2015年にリリースされた2ndミニアルバム『エイチビー』に収録。

聞きどころ

・不思議な浮遊感にさいなまれる切なげなキーボードの音色

・シンプルながらテンポよくタイトにまとまったギターロックサウンド

・カラッとした伸びやかでエモーショナルな歌声

・エネルギッシュな間奏のギターソロ

サウンドオブサイレン

サウンドオブサイレン

  • マカロニえんぴつ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

洗濯機と君とラヂオ


マカロニえんぴつ - 洗濯機と君とラヂオ

2017年にリリースされた3rdミニアルバム『s.i.n』に収録。

聞きどころ

・ドラマの主題歌に起用されてもおかしくない、つい口ずさみたくなってしまうようなキャッチーで心弾むサビ

・ギターとキーボードの遊び心あるフレーズとノリのいい4つ打ちビート

・ラスサビへ向けて徐々に盛り上げていく秀逸でドラマチックな曲展開

洗濯機と君とラヂオ

洗濯機と君とラヂオ

  • マカロニえんぴつ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

【マカロニえんぴつ】の特徴

ついリピートしたくなる人懐っこいサウンド

メンバー全員が音大出身という高純度な音楽素養を持った面々が鳴らす質の高いバンドサウンドをベースに、キーボードの彩り豊かな音色と遊び心溢れるアレンジを添えた、あらゆる世代の耳にヒットし、ついリピートしてしまいたくなるようなキャッチーで人懐っこいギターロックが特徴。

 

バリエーション豊富な楽曲ラインナップ

勢いのいい4つ打ちビートに乗せた疾走ロックからテンポを抑えじっくりしっとり聴かせる泣きのバラード、キーボードの音色をフィーチャーした中毒性の高いフック満載のナンバーまで、曲展開・コードワークなど細かなアレンジを随所に施した柔軟性の高い表情豊かな楽曲群も魅力。

 

エモいボーカルとハイグレードなアンサンブル

ほどよいやんちゃさが心地いいVo.はっとりのカラッとエモーショナルな歌声、跳ねるように鳴らされる彩り豊かなキーボード、お互いの色を出しつつ、多彩な掛け合いを見せるツインギター、骨太かつグルーヴィーなベースが高水準にまとまった小気味いいハイグレードなアンサンブルも魅力。

 

等身大の言葉で綴られた心に刺さる歌詞

息苦しい現状から前に進み出そうともがく心の葛藤だったり、大切な人との別れや男女の恋模様など、どこかひねくれた独特のワードセンスを持つ作詞・はっとりの、嘘のない等身大の言葉で綴られた、聞き手の心にグッと刺さり、自分の経験も投影できる想像の余地を含んだ歌詞も人気が高い。

 

メンバー

マカロニえんぴつのアー写
出典:natalie.mu
(L→R)(高野賢也、長谷川大喜、はっとり、田辺由明)

 

はっとり

ボーカル&ギター担当。
ほとんどの楽曲で作詞作曲を担当。
ステージネームのはっとりは、ユニコーンの3rdアルバム『服部』から。

中1の時に、音楽番組でたまたま目撃したユニコーンに衝撃を受け、すぐにでもバンドをやりたい!と思ったほど多大な影響を受ける。

また、父親の影響で聞いていたディープ・パープルなどの渋めなハードロックから、ビートルズを代表とするUKロック、サンボマスターくるり、エレファント・カシマシやASIAN KUNG-FU GENERATIONといった邦ロックまで、洋邦様々な音楽から影響を受ける。

 

高野賢也(たかの けんや)

ベース&コーラス担当。
ルーツミュージックは中学生の頃からコピーしていたほど思い入れのあるL'Arc〜en〜Cielで、自身のベースプレイにも活かされている。

 

長谷川大喜(はせがわ だいき)

キーボード&コーラス担当。
メンバーで唯一学科が違い、電子音楽コースでエレクトーンを専攻していた。
また、エレクトーンをしていた影響で、主にジャズなどを聴いて音楽性を育んだ。

 

田辺由明(たなべ よしあき)

ギター&コーラス担当。
ギターヒーロー「マイケル・シェンカー」を擁し、のちのハードロック・ヘヴィメタルに多大な影響を与えた英出身のバンド「ユー・エフ・オー」をはじめ、渋めな欧米ロックを好んで聞いていた。

 

バンド名の由来

ドーナツと並び、穴のあいた象徴的な食べ物である"マカロニ"と、白紙に字という「存在」を書き加えていく"えんぴつ"という対照的な二語を組み合わせ、埋まることのないマカロニの穴(「無いもの」)を自分たちの音楽(えんぴつ)で「在るもの」にしていきたいという思いを込めて、つないだ語感も可愛い"マカロニえんぴつ"となった。

 

【マカロニえんぴつ】のこれまで

2012年4月、上京してプロになりたいと思っていたVo.はっとりが大学に入学して間も無く、同じ洗足学園音大のロック&ポップスコースの同期友達3人を誘い、結成。


その後、2013年春にKey.長谷川をメンバーに加え、音大という充実した録音環境を生かし、自主制作シングルを4枚リリース。
また、そのCD制作のほか、現役音大生バンドというフレコミで都内のライブハウスを中心に活動。


2014年5月、新人アーティスト発掘を目的としたMEGAPHONE MUSIC presents「メガホンナイトvol.8」に出演。


2014年8月、DISK GARAGE主催の都市型音楽フェス「MUSIC MONSTER」に出演。


2015年1月、初の全国流通版ミニアルバム『アルデンテ』をリリースし、初の自主企画ツアーを東名阪3都市で開催。


2015年5月、下北沢で開催されたアート複合型ライブサーキットイベント「HEADPHONE CONNECTION」に出演。


その後は「SAKAE SP-RING」「MINAMI WHEELといった東西を代表する大型サーキットイベントに出演を果たす。


2015年12月、2ndミニアルバム『エイチビー』をリリースし、見事ソールドを果たした下北沢SHELTERでの初ワンマンを含む東名阪3都市をまわるリリースツアーを開催。


2016年には香川サヌキロックや新潟レインボーロック、名古屋ゴールドラッシュ、大阪ミナミの見放題フェスなど、各地で開催の音楽イベントに出演を重ねるとともに、親交のあるバンドのツアーアクトに抜擢されたりと、精力的なライブ活動を展開。


2017年2月、東京・shibuya eggmanのレーベル「murffin discs」内に発足された新ロックレーベル「TALTO」に移籍し、ミニアルバム『s.i.n』をリリース。同作が見事2017年2月期のタワレコメンに選出された。


2017年6月には、石川県金沢で開催のロックイベント「百万石音楽祭(ミリオンロック)」に、同年8月には、中国・四国地方最大の野外ロックフェスMONSTER baSHにそれぞれ初出演を飾る。


2017年9月、結成時よりバンドを支えてきたDr.サティが脱退


2017年12月には新体制となった4人で作り上げた待望の1stフルアルバム『CHOSYOKU』をリリース


そして2018年3月末より全国9カ所をまわるキャリア最大規模のリリースツアーの開催が決定するなど、レーベル移籍、ドラマーの脱退などを経て一段と逞しさが増した次世代ロックバンドの注目株として、全国にマカロッカー(マカロニえんぴつファンの総称)を拡大すべく活動している。