読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、気になったアーティストや人気曲を紹介していきます!

【GLIM SPANKY】初心者必見!抑えておくべきおすすめ3曲と人気の理由を普及したい

スポンサーリンク

 

f:id:libre_sound:20170216071735j:plain

出典:sp.glimspanky

【GLIM SPANKY(グリムスパンキー)】は、2007年にボーカルの松尾レミを中心に結成された男女2人組のロックユニット。

【GLIM SPANKY】の特徴

幼少期より自然と耳にしていた60〜70年代のブルースロックやフランス音楽、アフリカンロック、フォークやカントリーなど、彩りに富んだ洋楽のエッセンスを散りばめつつも、ロック&ブルースを基調とした攻撃的で荒削りなロックサウンドが特徴。



そして、キレイに透き通った声のアーティストが多い今のロックシーンにおいて、その時代の流行とは逆行するかのようなブルース感漂う、深みのあるしゃがれ声が特徴。


また、みうらじゅんいとうせいこうリリーフランキーといった芸能界のそうそうたる面々が彼女の歌声のファンを公言しており、さらには『ONE PIECE』の原作者である尾田栄一郎氏から直々に映画主題歌のオファーを受けるなど、ボーカル松尾の魅力溢れる声が高い評価を受けている。

 

メンバー

f:id:libre_sound:20170216071616j:plain

出典:okmusic.jp

松尾レミ(まつお れみ)

写真左。作詞作曲を担当。
1991年12月7日生まれ。
女性ながら深みのある独特のしゃがれ声は現代アーティスト界では稀有な存在。

 

亀本寛貴(かめもと ひろき)

写真右。1990年8月24日生まれ。。
ギター担当。

 

人気曲3選

最後に【GLIM SPANKY】の人気曲を3曲紹介する。

焦燥


GLIM SPANKY - 焦燥

 『焦燥』は、GLIM SPANKYのメジャー1stシングルで、深みのあるしゃがれ声で叫ぶように歌うボーカル松尾の特質的な声と、どこか懐かしさも感じさせるブルージーで重厚な骨太サウンドが相まった、彼女らの名刺代わり的な1曲。

また、この曲はチャットモンチーなどを手がけた音楽プロデューサー・いしわたり淳治氏がプロデューサーとして携わっており、サポートメンバーとして、くるりやMIYAVIのバックバンドを担当していたこともあるBOBO氏をドラマーに、現在OKAMOTO'Sのメンバーとして活躍しているハマ・オカモト氏をベーシストに迎え、制作された。

 

褒めろよ


GLIM SPANKY - 褒めろよ

『褒めろよ』は、メジャー2枚目のシングルで、ドラマ『太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方〜』の主題歌に起用された1曲。

疾走感のあるヘビーサウンドに、少しガサついたような色気のあるパワフルな歌声がマッチしており、アウトロのギターソロに痺れること間違いなしの1曲。

 

怒りをくれよ


GLIM SPANKY-「怒りをくれよ」Music Video(Short.ver)

『怒りをくれよ』は、メジャー2枚目のアルバム『Next One』に収録され、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌に抜擢された注目曲。

この曲は、ボーカルの松尾さんの声に惚れ込んだ原作の尾田栄一郎氏が直々にオファーを出し、実現したもので、映画のために彼女らが書き下ろした、荒削りでパンチのある楽曲は、物語を彩るに相応しい完成度となっている。

 

【GLIM SPANKY】のこれまで

彼女たちは、文化祭の催しで楽曲披露するために集まった4人でバンドを組んだことがきっかけで活動をスタート。

 

結成したのは文化祭に出るためであったが、そこから練習を重ね、ボーカル・松尾が高校3年生の時に、10代のアーティストのみが出演するロックコンテスト閃光ライオット2009』のファイナリスト(全国5500組中の14組)に選出されるなど、結成から2年にして、音楽的なポテンシャルが高く評価される。



その後は、メンバーの就職や進学もあり、音楽を続けたい!という志があった2人が残り、ベースやドラムのサポートメンバーを迎えつつ、活動を存続。



しかし、デビューまでの道のりは順風満帆とはいかず、なかなか芽の出ない下積み時代を経験するも、地道なライブ活動が徐々に実を結び始め、2013年に、初の全国流通版アルバム『MUSIC FREAK』をインディーズリリース

勢いそのままに、2014年6月にミニアルバム『焦燥』でメジャーデビューを飾った。



メジャーデビュー後は、水原希子が出演する「SUZUKI ワゴンRスティングレー」のCMで、伝説的女性ロック歌手ジャニス・ジョプリンの名曲『MOVE OVER』をカバーし、ジャニス・ジョプリンの再来」とも称されるほど、ハスキーでパワフルな歌声が話題を呼び、CMやドラマへのタイアップが急増。



そして2015年には、日本最大級の音楽フェス『FUJI ROCK FESTIVAL』や『COUNTDOWN JAPAN』へ初出演。

 

さらには累計発行部数3億2000万部を超えるモンスター漫画『ONE PIECE』の劇場版【ONE PIECE FILM GOLD】の主題歌に大抜擢されるなど、今最も勢いに乗っているロックユニットである。