LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

LIBRE-SOUND(リーブルサウンド)

フランス語で自由を意味する"libre"のごとく、最近気になっているバンドの魅力や人気曲を紹介していきます!

【DATS】を初めて知った方におすすめしたい入門曲3選!

スポンサーリンク

DATSのアー写
出典:millennials-times.com

【DATS(ダッツ)】は、2013年に結成された4人組ロックバンド。

おすすめ曲3選

Mobile


DATS - Mobile

2017年にタワーレコードのみでリリースされた数量限定シングルで、1stフルアルバム『Application』にも収録。

聞きどころ

・エレクトロ要素を前面に押し出した、ついノってしまいたくなるムーディーでモダンなクラブミュージックサウンド

・全編英詞で綴られた流行の最先端をいくような洋楽的肌ざわりのエフェクティブでクセになるボーカル

Mobile

Mobile

  • provided courtesy of iTunes

 

Candy girl


DATS - Candy girl

2015年にリリースされたインディーズ1st EP『DIVE』に収録。

聞きどころ

・耳に残るエレクトリカルなメロディー

・どこか懐かしい雰囲気も漂うギターロックの要素も備えたリズミカルで心地よいインディーロック風味なサウンド

・躍動感のあるベースラインとフィジカルな4つ打ちビート

Candy girl

Candy girl

  • DATS
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

Queen


DATS - Queen

2017年にリリースされた1stフルアルバム『Application』に収録。

聞きどころ

・トリッキーなサウンドギミックをふんだんに盛り込んだ、クールさと煌びやかさを併せ持つスタイリッシュサウンド

・一聴して洋楽かと思わせるほど滑らかに英詞を歌い回すVo.杉本の低音ハスキーボイス

Queen

Queen

  • provided courtesy of iTunes

 

【DATS】の特徴

モダンでグローバルなエレクトロサウンド

流行の最先端をいく海外のエレクトロニックサウンドをいち早く取り入れながら、テクノやディスコ、UKロック、フュージョンといった洋楽要素に加え、打ち込みじゃない生音のバンドサウンドも柔軟にハイブリッドした、一聴して洋楽かと思わせるモダンでグローバルなサウンドが特徴。

 

クリエイティビティ溢れる抜群のアレンジ力

"メロディーがキャッチーであること"を大前提として、人力で奏でられたフィジカルかつスマートなロック要素と、打ち込みをふんだんに盛り込んだエレクトロ要素を絶妙な配合で織り交ぜつつ、テンポや音と音の余白、緩急まで考え抜かれたコンポーザー杉本の抜群の楽曲アレンジ力も魅力。

 

フレキシブルに変化する演奏スタイル

力みのない洒脱な低音ハスキーボイスを響かせるVo.杉本、Gt.早川が弾き鳴らすイマジネーション豊かなギターフレーズ、Ba.伊原が奏でるメロウでボリューミーなベースライン、トリッキーなアイデアを盛り込んだDr.大井のシュアなドラミングなど、4人それぞれの個性を相乗させながらも、曲に応じてシンセやサンプラー、パーカッションも自在に操る、型にハマらないフレキシブルな演奏スタイルもウリ。

 

感情むき出しの圧倒的パフォーマンス

スタイリッシュでクールな音源のイメージとは裏腹に、湧き上がってくる感情の赴くまま、生のバンドサウンドで表現していく熱量溢れるライブも魅力で、巧みな映像演出を交えながら、オーディエンスを飛び跳ねさせ、フロアをヒートアップさせていくエネルギッシュなステージングにも定評がある。

 

メンバー

DATSのアー写
出典:www.google.co.jp
(L→R)(杉本亘、伊原卓哉、早川知煇、大井一彌)

 

杉本亘(すぎもと わたる)

通称「もんじょー」。
ボーカル&ギター&シンセサイザー担当。
米・ロサンゼルス生まれで、幼少期は日本とアメリカを行き来していたため、日本語よりも英語が得意。
ロックバンドyahyel(ヤイエル)のメンバーとしても活動しており、両バンドで作曲を行うほか、CM音楽やアーティストのプロデュースなども手がける。

高1の時に見たニルヴァーナのMVに衝撃を受け洋楽にどっぷりハマり、バンドをはじめた。
また、レディオヘッドなどの90年代のオルタナバンドの影響で、作曲ではエレクトロミュージックを積極的に取り入れている。

 

伊原卓哉(いはら たくや)

ベース担当。
DATS結成当時にもバンドに入らないかと誘われたものの、愛知から上京したでウキウキしていたため、加入を一度断っていた。
2015年に正式加入。
初めて好きになったバンドはORANGE RANGE。高校からはラウド・パンク・スクリーモ系バンドを好んで聞いていて、今のベースプレイにも活かされている。

 

早川知煇(はやかわ ともき)

ギター&サンプラー担当。
中学の時に見たELLEGARDENをキッカケに音楽に興味を持ち、高校からベースをはじめた。
また、Vo.杉本とは通っていたライブハウスが同じだったため、高校頃から親交があり、YouTubeなどにアップされた彼が作る楽曲のファンだった。

 

大井一彌(おおい かずや)

ドラムス担当。
Vo.杉本とともにyahyelのメンバーとしても活動。
入学した高校の軽音学部のメンバーに60年代の古い洋楽好きが集まっていたため、ザ・フーなどのいわゆるモッズ系といわれる音楽をよく聞いていた。

 

バンド名の由来

もともと意味はなくて。ただ、“ダッツ”って響きが気に入ってつけたバンド名なんです。後付けで、デジタル・アナログ・トランスレーション・システムという意味を持たせました。

出典:www.houyhnhnm.jp

と語っている。

 

【DATS】のこれまで

2013年、Vo.杉本が新しくバンド始めようと思っていた時に、高校時代からよく行くライブハウスが一緒で顔見知りだったGt.早川らを誘う形で結成。


2014年7月、結成からわずか1年でSUMMER SONICのオーディション企画「出れんの!?サマソニにてクリエイティブマン賞を受賞し、出れサマステージとSONIC STAGEに出演。


その後は、オーストラリア出身の「ラスト・ダイナーソーズ」やポルトガルの「ノートン」といった自身の音楽性に近い海外のインディーロックバンドと共演し、知名度を拡大。


2015年6月、[Alexandros]やBIGMAMAといった人気バンドを多数抱えるUK.PROJECTよりデビューEP『DIVE』をリリースし、同年8月には2年連続となる「SUMMER SONIC」出演を果たした。


2015年11月、Vo.杉本の大学入学時からの親友だった伊原がベーシストとして新加入。


2016年2月、ライヴ会場限定販売の2nd EP『FRAGMENT』をリリース


2017年1月、金沢に拠点を置くインディーズレーベル「RALLYE LABEL(ラリーレーベル)」に移籍し、同年3月にタワレコ限定リリースした移籍後初シングル『Mobile』が即日完売する店舗が続出したほど、大きな注目を浴びる。


2017年6月、電気グルーヴ砂原良徳氏をマスタリング・エンジニアに迎え、1stフルアルバム『Application』をリリース


2017年7月にはFUJI ROCK FESTIVAL」に初出演を飾り、約5000人キャパのレッドマーキーステージの1番手として登場し、会場を沸かせた。


2017年8月にはSWEET LOVE SHOWER」「RUSH BALLといった国内の主要フェスにも出演を果たすなど、注目度を一気に高めた。


そして、2017年9月からはアルバムリリースを記念した全6カ所をまわる初の全国ツアーを開催し、ファイナルの東京公演は見事ソールドアウトを達成。


2018年に入ってからはさらに活動の勢いが増し、新作EP『Message』のリリース04 Limited Sazabys主催の「YON FES」や日本最大級の室内ロックフェス「VIVA LA ROCK」への出演アナウンス、メジャーデビューの発表など、今後のメジャーシーンを牽引していく可能性を秘めた次世代エレクトロバンドの筆頭格として大きな注目を集めている。